ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

副業でスマホやパソコンで自宅で仕入れた転売実例

現在私は本業でタクシードライバーをしながら、副業でせどり転売をしています。

 

副業の主な内容は、スマホやパソコンを使い中古品やプレミアがついている商品を自分で仕入れ、その商品を買った値段より少し値段を高くつけ転売する事です。

 

しかしめったやたらに仕入れを行いただ値段をつけ売ればいいというものではありません。

 

まず仕入れ時にその品物は本当に適正価格で売れらているのか、交渉による値引きは可能か、その品物を転売する際に、現状ではどの程度の売値が適正価格なのかなどを事前に調べる必要があるのです。

 

例えば、転売しようと思いせっかく商品を購入したのに、それが売れなければ丸々私の損になります。

 

また、売れないからと言って価格をどんどん引き下げてしまい、結果買った値段よりも低い値段で売る事になってしまっても本末転倒になります。

 

仕入れ、転売、発送の手間賃を少しでも多く稼ぐため、事前に品物の市場価格を調べるのは転売の必須条件と言えるでしょう。

 

現在は自宅からでも簡単に仕入れが出来る事から、以前に比べ本当に転売ヤーが多く存在します。

 

当然転売をしている方たちは同じ考えを持っていて、少しでも低価格で仕入れをして、いかに高値で転売するかを考えています。

 

その為ある一定の品物を転売する場合でも、非常に競争率が高く、一昔前に比べ転売は非常に難しくなってきてると思います。

 

私は何度も経験していますが、明らかに転売品と思えるものを購入した経験もあります。

 

当然私も転売目的でその品物を買っているので、なぜここまでの低価格で設定できたのか不思議に思う事も多々ありました。

 

恐らく低価格をつける為には、仕入れの腕が非常に重要なのだと思います。

 

安く仕入れをできれば出来るほど、その品物を転売する時に値段設定の幅が広がります。

 

例えば、この品物を1000円で転売しようと思って仕入れをするときに、500円で仕入れるのと800円で仕入れるのでは、仕入れ後の転売価格の設定に雲泥の差が出ますよね?

500円で仕入れれば、最悪600円で販売しても利益が出ます。


それに比べ、800円で仕入れた場合最低でも900円程度の値段をつけなければいけません。

 

500円で仕入れた物を900円で転売するのと、800円で仕入れた物を900円で売るのでは、利益額としてはかなりの差が出ます。

 

やはり転売の肝は、仕入れ値が一番重要な鍵と言っても過言ではないでしょう。

いかに安く仕入れ、それを転売するか?

 

これが転売の一番の鍵となると言えるでしょう。

 

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!