ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

宝石の仕入れとネットショップでの販売

私はジュエリーをデザイン制作している個人事業主ですが、仕入れた宝石をネットショップ(メルカリ等)で転売するという事もしています。

 

ジュエリーは当たり前ですがデザインして、制作しなくては商品になりませんが、宝石は材料にも、そしてそのまま売ることのできる商品でもあります。

 

どちらが楽かというと、圧倒的に宝石そのままを転売する方が楽なのです。制作の手間がかからない為、時間もセーブできますし、大切な収入源になっています。

 

ネットショップで販売する場合、大切なのは「写真の見栄え」です。どれだけものが良くても、写真で御客様を惹きつける事ができず、スルーされたら全く意味がありません。

 

宝石の撮影というのは決して簡単ではなく、光の反射や石の輝き、質感、色味、小さいものだけにどれもその宝石の持つ良さを一目で理解してもらえる様なものでなくてはいけないのです。

 

初めのうちは、良い写真を撮るのに非常に苦労しました。1つの宝石をネットショップに載せる為に、100枚程撮っていたと思います。

 

宝石は小さいので、ホコリ等、画面に写る余分な物を排除したり、明るさを調節したりする必要があり、Photoshop Elements を購入しました。Photoshop に比べて手軽に操作する事ができ、値段もかなり抑えてあるのですが、ネットショップに必要な画像編集には充分だと感じています。

 

ネットショップ上で販売を始め、売上はまあまあだと思います。選ぶ宝石は、「この石はデザインに使わないだろう」という、いわば不要な石から販売を始めました。宝石の仕入れの際、セットでいくつか入っているうちの、使わない宝石達です。

 

売れるんだろうか、と不安はありましたが、そもそも使わないのだから、在庫整理にもなり、助かります。そして、ちゃんと利益が取れる価格で売る事ができています。

 

プラットフォーム型のネットショップは、ビジネスとして営業しているケースだけでなく、学生さんや主婦の方のハンドメイドを売る場でもありますので、そういった方々がハンドメイドの際に欲しいであろう宝石(どちらかというと天然石の感覚のもの)を販売しています。

 

ターゲットにそういった客層を選んだので、高価なものよりも、ハンドメイドに使いやすそうな宝石を、手の届く価格で、購入したくなる様な魅力的な写真で紹介、それがポイントです。


さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!