ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

バイト先で仕入れ、「ヤフオク」で売る 男3人とは?

ストレスの多い現代社会、貴方は生き残れますか?


「家庭環境の悪さで進学が出来ない」
「他人と直接関わる事が極端にキライ、または怖い」
「ほぼ毎日のように長時間労働を強制される就社はイヤだ」


といった理由で、アルバイトをしながら『転売(せどり)』で生計を立てている20代後半の男性3名と会った事があります。

 

そのうちの2名とは同じバイトをしていました。


1名は家庭環境が劣悪であり、好きなファッション系の専門学校へ進学できず、独学で衣服のデザインをして賞に応募してデザイナーを目指していました。


しかし独学では限界があり、賞には応募しても落選。


学歴はないが、「とび等の土方や三流企業のサラリーマンをやるのは絶対にイヤだ!」
と言い張っていた頑固者です。


その後、さらに家庭環境が悪化した為、食っていく為にバイト先で商品情報を仕入れて購入し、ネットで価格を調査して『ヤフオク』で転売する、という『セドラー』へと変身していきました。


『セドラー』というのは、個人の転売屋を指します。

 

もう1名も、家庭環境は不明ですが、何らかの原因で自身に借金があり、
バイトをしながら稼ぐ為に、『ねずみ講』や『セドラー』をやっていました。


この人も学歴は不明で、転職を繰り返しています。
どうやら正社員歴も何度かあるようです。

 

同じ場所で働いた事はないのですが、最後の3人目は前科者らしく、事情は不明ですが、バイトと転売で生活しているようです。

 

その3名に共通しているのが、メディア系のショップでバイトして商品情報を仕入れ
店員である事を利用して高値の付きそうな商品を自身で予約取り寄せして購入し、
ヤフオク』に出品して仕入れ金額と出品金額の差額により利益を得る、という転売方法でした。

 

「そんな方法で、生活できるのか?」


という意見が大多数だと思いますが、バイトとして働いてもいますから、
最悪の場合、転売の利益が少ない月でもバイト代だけで最低限は食べていけるのでしょうね。


こういった方たちは、何故かプライドも高いので、


「今月は転売で5万円も儲かった!」


と自慢する事が多いですが、それだけの利益を得る為の労力を考えると、

素直に成功とは呼べないような気がします。

 

過去にその人たちが実行した転売方法としては、人気アニメのDVDBOXをバイト先で予約購入し、予約分で10%割引になっているので定価で購入するより安く仕入れします。


DVDBOXは値段も高く、生産数も限定されるので『ヤフオク』で高く売れるそうです。


その時に重要なのが、旬なうちに仕入れた商品を売り切る事です。


アニメの流行の移り変わりは激しく、数週間経ってしまうと、値崩れして仕入れ値よりも下がってしまったらアウトです。

 

アニメマニアの方は、人気アニメのDVDBOXは、観賞用(プレイヤーで見るのではなく、未開封のままショーケースに飾るもの)と、実動用(実際にプレイヤーで動作させて見るもの)として、同じ商品を2つ買うケースが多々あり、同じ人に2つ販売できる場合もあるそうです。


『セドラー』としてはウッハウハな客ですね。


アニメマニアな方は、その多くが趣味に使う金額に制限をかけないので、不景気だろうと給料が少なかろうと、食費を削ってでも限定商品をゲットしようとします。


そういった方たちを狙い撃ちにするのが『セドラー』です。


当然のように、『セドラー』の3人もアニメマニアなので、同類の購入しそうな商品を感覚で理解できているのでしょうね。

 

転売の基本は、「定価より安い値で仕入れて、定価より高く売る」のが原則です。
未開封品を高値で安全に取引できる最大手のオークションサイト『ヤフオク』を3人が利用するのは当然の事なのでしょうね。


さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!