ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

メルカリからの仕入れ転売は安く仕入れるのがポイント

最近流行りの転売だが、学生にとってかなり需要が高い。

私も転売をしたことがあるが、転売は仕入れをどれだけやすくできるかが鍵となる。普段使うのはメルカリだ。メルカリで安く仕入れて、高級品を高く買い取ってもらえる店に売るのがいつも行う一連の流れである。

しかし、転売にもたくさんのリスクがある。基本転売は禁止されているものが多く、売れなかったり、買い取ってくれない人たちも多くいる。

そもそも、転売は自分は得するが、相手は損していて、買う側が相当欲しい気持ちがなかったら転売された商品を買うことはない。相手はそれを知って買うわけだから、世の中でも相当需要のあるものではないと買わないだろう。

では、手に入れるのが難しいのをどのように安く仕入れるのか。 実際に私が使った方法を説明しよう。 私はメルカリを使ったが、メルカリはたまに偽物が出回っている。その、偽物の見分けが必要だが、確実に本物なのは大抵ものすごく高い。

なので、際どいが、返品可能な物を選ぶのがまず、需要なのだ。返品できるのであれば、買って、質屋や、知人のアパレルの人に見てもらって本物か偽物かを判断する。そこまでやり、ある程度自分で商品を綺麗にする。

次の人が、気持ちよく使えるようにだ。これが終わり、仕入れ完了となる。仕入れが終わったら、ついに転売に向かう。転売する時の注意点は、それが、本物かどうかの確認できるものを一緒にもってくことと、受け取ってくれるところが、転売のものを引き取ってくれるどころかを堪忍すること。

この二つをクリアすれば転売してもいい場所となり、転売する。流れとしてはこのような流れになる。私は、いつもスニーカーを転売するので、箱や納品書がないと受け取ってくれない会社や店が多い。

最近ではアーティストのチケットなども転売に出されている。転売は、買ってくれる人がいるから成り立っている。禁止されてはいるが、私は株に似ていると思ってる。需要があるから、転売されたものを買っているわけである。

株も、その会社などの経過が上がっている時が一枚の方が高くなる。転売なら商品を株とするなら、それの物価が上がって価値が高くなっているだけの話である。

価値が上がっても需要が下がらないものを転売するのは悪くないと思う。

最後に学生は、社会人などと違ってお金を持っていない。しかし、社会人より休みがある。社会人はお金はあるが休みが少ない。若いうちに遊んだりするのが一番だと思う。学生はあらゆる手を使ってお金を稼ぐ必要があると思う。

 

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!