ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

副業の第一歩!ヤフオクで商品を仕入れて転売を体験しました。

ヤフオクで、仕入れ販売、せどり(転売)を副業のようにしたことがあります。


当時、ヤフオクを中心としたインターネットオークションサイトの販売代行を個人でしていた友達がいて、いろいろとヤフオクでの仕入れのノウハウを教えてもらいました。

 

彼が仕入れをしていたのはヤフオクやその他のオークションサイトなどで安く出ている家電などを落札して、それをさらにヤフオクで転売するというものでした。


彼いわく、安く仕入れるコツをつかめば、それだけでせどりはほぼ成功したようなもので、とにかく安く仕入れができれば、無理に高く売るテクニックを身につける必要はない、ということを何度も繰り返し強調していました。


確かに、安く仕入れることができれば多少低い金額で転売したとしても利益は十分に出ますからね。


電化製品の場合は、ジャンク品というものがあります。これは、故障していることが分かっている品、あるいは検品する環境にないため故障していないと言い切れないため故障しているという名目で出品されている品という意味で使われます。


そもそもコンセントに挿しても電源がつかないなど、完全に壊れているものもあれば、ちゃんと一通り動作するけれど、後からあそこが壊れているとかあの部品がないとかなどのクレームを言われ、返品などされたくないのでジャンク品という名目で出品されているものも多いということで、こういったクレームを避けるためにジャンク品扱いされている商品が、仕入れの商品としての穴場だと教わりました。


私はその話を聞いて、さっそく商品を仕入れるためにジャンク品というキーワードで電化製品を探しました。


その中で、通常オークションで動作品が5万くらいで出回っているオーディオアンプが、ジャンク品の名目で5000円くらいの値がついていました。動作はしますが、返品、クレームが嫌なのでジャンク品という扱いでした。


ジャンク品という言葉がタイトルについていると、やはりかなり値が下がってしまうようで、落札の締め切り2時間ほど前で私もそのアンプに入札をし、結局6000円で落札しました。


その後、届いたアンプは、一通りちゃんと動作するものでした。致命的な故障はないので、表面を綺麗に清掃した上で、ジャンク品ではなく通常品として出品しました。家にある設備の関係上検品できなかったところは正直に書き、電源がつかないなどの致命的な故障の場合には返品に応じるが、音質が良くないなどの故障とは言えないような不具合では返品に応じない、などジャンク品ではないながらも、できるだけ自分が有利になるような条件で出品しました。

 

すると、最終的に2万円で落札されたのです。返品もありませんでした。こんなにすんなりと上手くいく場合ばかりではないですが、このようにヤフオクなどの、個人が出品している商品は、時に仕入先としてはとても良いことがあります。今もたまに仕入れて、生活費を超えるくらい、本業の給料を超えるくらいの副業利益をコツコツ出しています。

 

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!