ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

今、ブックオフせどりするも、今後 取り扱いジャンル拡大させて自営業目指す!

 

40代後半男性です。2年ほど前から中古本を買い、amazonヤフオクで転売する古本せどりをしています。

 

本業の仕事の業務負荷も以前の様に多くは無く、残業規制が掛かるようになってからは正直家内から小遣いが減らされてしまい、欲しい物も買えないような状態になり困っていました。

 

そんな時、ネットで何となく”ネットビジネス、副業などで検索すると”ブックオフせどり”の文字が。それまでにもブックオフには何度か行ったことがあり、”中古本が安く売っている本屋”というイメージでした。

 

その時に見た、せどりというビジネスでは、本を安く買い、高く売る転売という説明だったので”割と時間かからず簡単そうだし、小遣い稼ぎになるのなら”とやってみることに。

 

しかし現実はそんなに甘くなく、携帯のサーチアプリ「せどリスト」を使って検索しても、1円の売値の物ばかりで”うまい話しに騙されたかな”とガッカリしました。

 

因みに最初の頃は、携帯アプリで実際の本に書いてあるISBNコードで売値などを検索していましたが、ちょっと周りの目が気になったり(特にバイトの店員さん)、時間の割に仕入れられる本の数が少なく効率が悪かったこともあり、その方法は止めてしまいました。

 

次に行った方法が、目利き仕入れですがそのジャンルに相当詳しくないと、仕入れ値に対し売値が低くなってしまい儲けがマイナスになることもありました。結局これも長続きせずでした。今現在行っているのは、モノレートを使い本を1冊ずつ売値や順位変動を確認し、実際の本の値段との差分(差額)を勘案して仕入れることにしています。

 

因みにこの方法で約1年ほど実践していますが、仕入れたその日に売れることも珍しくなく、1週間で仕入れの30%は掃けます。肝心な儲け(利益)はと言うと、売れ残る本もあるため1冊売って数百円の儲けと言ったところでしょうか。

 

小遣いの足しには何とかなるので少ないながらも、空いた時間で自由に出来ると言う理由から続けています。やっていて大変な事は言うと、在庫が減った分仕入れに行き補充しないと、売る物が無くなっていくので売り上げが減るということ、それに部屋に本を置いているので置き場所に困ると言うことが大変な部分かと思います。

 

因みに、家電屋を利用した、家電せどりにも手を出したいなと思っていたのですが、amazonの新品出品禁止(事実上の小口出品者規制)などもあり出来ていないのが現状です。本の場合は中古しか仕入れませんのでこの規制対象外になっており、何の問題も無く作業が出来ています。

 

まだ取り扱っているジャンルは少なく儲けもあまり無いのですが、ちょっとずつ取扱ジャンルを美容/化粧品、日用品、かー用品、リサイクル用品、などに拡大して将来的には本業としてせどりを行えたらと思っています。目指せ一国一城の主!

 

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!