ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ブックオフで100円本を仕入れ、オークションで高値転売

私は本が好きで、通勤中の電車では小説などの文庫本を読むのが習慣になっています。

 

が、月に数冊買うので本はたまっていくばかりです。思い切って1冊全て100円でオークションに出してみると、送料がかかるのに意外と購入者が多いことにびっくり。売れなかった本は半額の50円に下げたり、まとめて小説セットとしてヤフオク出品したら、綺麗に売れてしまいました。


そんな時、お隣の駅近くにブックオフができたのです。これまで定価で買ってきた本が100円で売られているのは少しショックでもありましたが、何冊か購入し、読み終わったらまたオークションに出す。

 

100円で買ったものを100円で売っていたので儲かるわけではありませんが、中には値段が上がって落札されるものもあり、そうなると面白くなってきます。そのうちに、ブックオフに行くたびに、自分用の本と一緒に、オークション用の本を仕入れるようになりました。

 

仕入れといっても一回数冊で、千円にも満たない程度なので、たいした量ではありません。ブックオフでの仕入れには自分なりにルールを決めました。まず、綺麗な本を選ぶこと。これは鉄則です。そして、自分の興味がある本を選ぶこと。売れなかったとしても、自分で読むなら損にはなりません。

 

何度か仕入れて売るうちに、漠然と売れやすい本がわかってきました。比較的値段が付きやすいのは、子供用の本、主婦向けの本。そして、状態の良い文芸作品と、学術関係の本です。学術関係の本は、掘り出し物を見つけ、100円で仕入れたものが1000円で売れたこともあります。

 

ベストセラーの本はブックオフで100円になった時点で既に価値がなくなっているので売れません。まだ「せどり」という言葉が認知されていない頃のことで、半分趣味で仕入れとオークション転売を繰り返していたので、トータルでは少し儲かったくらいでしょうか。


その後、一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったブックオフの業績に陰りが見えてきて、以前ほど仕入れがうまく行かなくなったと感じ始めた頃、隣駅の店舗は閉鎖となってしまいました。


私は本にだけ狙いを定めて仕入れていましたが、友人はブックオフで100円で買ったCDを中古CDショップに持ち込んだところ、300円で買い取ってもらえたことがあるそうです。仕入れの狙い目は、本ではなくCDやDVDなどのメディア系商材だったのかもしれませんね。

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!