ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

バイマでの無在庫転売は仕入れ在庫不要!

今流行りの無在庫転売について説明したいと思います。

 

最近では商品転売が流行ってる印象にあります。通常の転売では、自身が商品を仕入れて自身で売り、仕入れた際の金額より販売価格を高く見積もる事で、その差額で利益を得る事が出来るというものです。

 

しかし、不安なのが商品を仕入れ過ぎてしまい、在庫過多になる事です。こうなると利益どころか赤字に転がってしまう可能性があります。

 

そこで、おすすめなのが無在庫転売です。無在庫転売で有名なのがbuyma(バイマ)です。buymaでは、無在庫転売が可能な為、商品をbuymaのネットやアプリ上に出品し、その商品が売れた時に商品を仕入れて、購入者の元に届けるというシステムです。

 

このシステムのメリットとしては、商品が売れた際に商品を仕入れる為、在庫過多になる心配がなく、赤字に転がる確率が低くなる事です。また、仕入先として主に海外で仕入れる出品者が多い印象にあります。海外で仕入れれば正規輸入という形ではなく、並行輸入という形になりますが、顧客は価格としてはかなり安い金額で購入する事ができ、出品者と購入者ともにWINーWINな取引ができます。

 

しかし、海外で仕入れる際のデメリットとしては、為替レートが関係してくる事です。円高ドル安になれば仕入れは安く済みますが、円安ドル高の場合はその分、仕入れが高く付いてしまいます。また、海外から仕入れ先を確保しなければ、出品した商品が売れてから海外で商品を仕入れようとしても、その仕入先に商品が無い場合があります。

 

なので、常に海外の仕入先の在庫チェック仕入先が海外の場合は、為替レートのチェックは必要になってきます。buymaの登録方法としては、インターネット上で、個人情報の詳細を記入します。

 

そして、商品の主な仕入れ先を記入します。buymaの審査は割と厳しく、偽物の流出を抑える為、仕入れが海外の場合や無在庫で販売する場合は、かなり厳しくチェックするそうです。審査の時間もそれなりに掛かります。

 

一方、無在庫転売ではなく通常の転売では、ヤフオクなどが有名なのではないでしょうか。ヤフオクでは無在庫転売は禁止となっております。しかし、ユーザーがかなり多い為、出品してすぐに売れる事はよくあります。

 

ヤフオクの出品方法としては、同じく個人情報の詳細を記入し、クレジットカードや銀行の登録をします。登録が終われば、出品はすぐに可能です。buymaと違いヤフオクは出品がすぐに可能な為、偽物もそれなりに流出しています。

 

しかし、オークション形式ですので、本物を安く落札し購入する事も可能ですし、ジャンルが問わないので、色々な商品に対して入札ができます。出品者としての回転率はbuymaよりもヤフオクが高く、商品の信ぴょう性はヤフオクよりもbuymaが高いと思います。無在庫転売、通常の在庫転売ではそれぞれのメリットやデメリットがありますが、両方試してみて、自身にあった販売方法でやってみるのが良いと思います。

 

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!