ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

仕入れ販売、転売せどりで心がけたいこと。

転売についてあまりいいイメージを持っている人は少なくなくそして、当たり前に高額料金の設定でフリマ等で売りさばくイメージから、仕入して転売するというのはあまりいイメージとは言えないのが今のネット社会のイメージです。


ですが、仕入して自分で転売する場合は必ずルールがありそのルールを守り正しく行えば立派なビジネスになると考えられています。

 

そもそも、転売というビジネスモデルは遥か昔から存在する王道手法になりそして最近はネットが普及したという事で、テレビやニュース、インターネットでメルカリやヤフオク、アマゾン、楽天での転売(又は無在庫ノーリスク転売)の話を良く聞くようになりました。


転売は最新の販売手法と錯覚している人がいますが、実は何百年以上前から存在していて女性ではよく行くショッピングに行きつくには先ず最初に、繊維を作る工場がありそこでまず製品になる加工をします。


そこで、繊維を購入して服を作って販売する業者がいて、そこが出来たら服を購入して販売するショップへと一つの拭くだけでも、3つの工程により販売ショップまでの流れで洋服を仕入れそして売って行く流れが出来上がります。

 

これを見ていくと、転売はわるいとかいう時点にもうすでに日本中の転売さんたちが怒ったりしてしまうので注意が必要です。


そして、これらを個人ビジネスにする場合は元出になる分かりやすく言う所の工場が必要になります。そのため、個人事業主や零細企業で行うのにも転売は絶対にフリマ等ではなく出来るだけ信頼がおける、大手の通販サイト等(メルカリやヤフオクですね)を活用してください。

 

きちっとお客様の元へ届けていかないと信頼はもちろん商品自体を買ってもらう事が出来ません。お客様が継続して購入する点に関しても必ず信頼を勝ち得てください。信用信頼をお客様から得られた状態でなければ転売は出来ないので、むやみにアーティストのチケット等をダフ屋的に高額で販売したりまた、相手に買わせるというのは詐欺になります。

 

通販サイトなどの利益を求めながらも、自分たちで発送等をして、しっかりとお客様の元へ届けたり、また、配達までの手続きがスムーズにできるようにするのも転売をビジネスにしている人のお仕事といえるのではないでしょうか。

 

また、通販やフリマアプリ(フリル、メルカリ。LINEモール)でも言えることですがせっかく揃えていた在庫や材料などが減っていきそして自然と減っていくと、当たり前ですがその商品は在庫がなくなり、補充するのにまた、日にちなどがかかります。

 

そのため、転売する場合は前もって在庫の確認はもちろん、購入者であるお客様に大体いつまでに発送するかという細かな事をしっかりと伝えておかないと信頼はもちろん、リピーターになってもらうのが不利な場合があるので注意しましょう。

 

そして、転売する上でこの商品の原価を大体把握しそしていざ販売するとなったら他の似た商品等は具体的にどのような金額で販売してあるのか。また、出品されてあるのかをしっかりと把握して、落札相場を知っておいた上で販売しないと詐欺にあたり場合によっては転売ヤーとしてそのサイト等に通報され、利用自体ができなくなる恐れはあります。

 

相場や原価を大体でもいいので知っておいた上でこれぐらいだなという中間地点で転売する事が最も、信頼信用のおける在庫有りの転売方法だといえるでしょう。

 

さて、いざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!