ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ヤフオクで表記ミスを探して仕入れると・・

 

普段より、ヤフオクにてチェックしている事があります。それは価値の高い商品にも関わらず、出品名が微妙に間違えていたり、違うカテゴリに入れてしまっている事で、検索に引っ掛からずないものです。


それにより安価で仕入れ、高値で転売することが出来るというものです。今から8年くらい前ですが、まだ転売をした事がなかった当時、ドラマでジャニーズのタレントが着用している外国製のダウンジャケットがありました。


私もそのダウンに憧れて購入しようと考えましたが、一般的な店舗やインターネットショッピングなどで全て売り切れ。仕方なくヤフオクで探しましたが、定価は6万円前後のダウンが、そのモデルだけがプレミアが付き、15〜20万円前後に跳ね上がっていました。


違うカラーやかなり着込まれた物でも8万円程度まで価値が上がり、これは厳しいかなと半ば諦めていました。ある日、いつものようにそのダウンジャケットを探そうと検索すると、英語の綴りを間違えて検索してしまいました。


するとあのダウンジャケットが、英語の綴り違いで出品されていたので、上手い具合に検索に引っ掛かりました。さらに通常であればブランドのカテゴリに出品されているものが、一般のダウンジャケットのカテゴリに出品されていました。

 

商品は正規品の証明があり、出品価格はなんと4万円。出品者の状況を確認すると、評価数が少なく、まだ出品慣れしていない様子でした。商品説明欄には「購入しましたが、サイズが合わない為、出品致します。」という記載がありました。


また普通なら、「有名タレント着用モデル」などの記載があるものですが、出品者はそれを知らなかったようで、一切記載がありませんでした。その時の季節は、これから冬になっていく頃だったので、きっと急いで売って早く買い直したい、中古品だから安くしないと売れないだろうと思っていたのではないかと推測しました。


これは大チャンスだと思い、他の人に気付かれる前に、交渉する事にしました。あまり高い価格で交渉すると価値のあるものだと気付かれてしまうし、安く交渉すると終了間際まで様子を見られる可能性があると思い、「私もサイズ違いで購入し、先日オークションで売却しました。そのサイズは私の欲しかったものなので、5万5千円で即決して頂けませんか。」と交渉しました。


他の人に見つかる前に即決出来ますようにと、ドキドキしながら返信を待っていると、その日のうちに「分かりました。その条件で即決します。」と返信があり、見事に即決する事に成功しました。

 

商品が届くと、試着した程度のほぼ新品の状態で、もちろん正規品でした。自分で着用するつもりでしたが、売れば10万円くらい儲かるかもと考え、ヤフオクで転売する事にしました。


出品するやいなや、入札価格とウォッチリストが跳ね上がり、即決交渉もたくさん来ました。日本のサイズで言うとM程度の大きさで、特に人気が高かったようで、最終的に18万円で落札されました。


たった5万5千円の仕入れで、1週間後に12万5千円もの利益があるだなんてと驚き、それからというもの、私はヤフオクで出品名の打ち間違いやカテゴリ違いなどで検索し、うまく行けば転売しようと力を入れるようになりました。

 

なかなか見つかりませんでしたが、根気よく探していると、ある特撮ヒーローの昔の超合金が新品同様で1000円で出品されていました。

 

その商品は普通ならカタカナで商品名を記載するものなのに、英語記載で出品されており、カテゴリも微妙に違うの所に出品されていました。その方は即決交渉に返事を頂けませんでしたが、最終的に入札1件で購入する事が出来ました。転売では15000円の儲けが出ました。


人のミスにつけ込んでいるようで申し訳ないとういう後ろめたさがありますが、宝探しで宝を見つけたような快感があり、ヤフオクリサーチ仕入れは今もやめられません。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫

処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!