ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

せどりはなんだかんだ言って仕入れで勝負が決まる

皆さんはせどりという言葉を聞いたことがありますか?せどりとは古本を転売目的で購入することを指しますが、一般的にはそれを転売する段階までをせどりと呼んでいます。

ネット上で行うビジネスの中では最も簡単だと言うので、それならという気持ちで私も手を出しました。一番簡単だと言っても、やはりビジネスはビジネスです。安定、というか利益を出すまでにはかなりの時間が必要でした。

 

私はせどりを趣味でやっていたので、ネット上で転がっている体験談のように何十万などという利益は出ていません。今回はそんな私の体験談をお話しします。これからせどりを行う際の参考にしてほしいです。

 

最初の一カ月は利益なんてもっての他でした。過去に就いていた職業が教育関係だったということもあり、参考書ならなんとか利益を出せるのではないかと考えて、参考書中心の仕入れを行いました。せどりの中で一番大変だったのは仕入れです。

 

これは利益が出るようになってから気付いたのですが、仕入れの段階である程度利益の予測がつくのです。これはどういうことかというと、学習参考書というのは絶版にならない限り、あまり値段が高騰するということがないのです。ブックオフなどの古本屋では定価1000円の参考書が100円で売られていることなどざらにあるので、大体300円で販売出来ればいい方かな、などといった予測がつくということですね。

 

この利益の予測がつくことの何がいいかというと、ある程度せどりに対する勘が付くということです。この勘のおかげで、学習参考書だけで利益が出せるようになったのは始めて2カ月の頃です。ですが、予測がつくことによって学習参考書だけで利益を出すことの限界も見えてきました。

 

なので、ここら辺で別のジャンルの書籍に手を出してせどりをするのも面白いのではないかと考えるようになりました。そこで次に手を出したジャンルは小説です。学習参考書と同じ要領でやればある程度利益が出るのではないかと甘い予測を立てていました。

 

ですが、始めて3カ月が経った頃、ついに赤字が出てしまいます。さて、なぜ小説を仕入れ始めてから赤字が出てしまったと思いますか?実はこれについては僕もよくわかっていません(笑)ですが、ある程度予測はついています。

 

小説を取り入れ始めた時はAmazon仕入れていたのですが、私が仕入れた小説はもう新品では販売しておらず、出品者からの購入となっていました。ですがかなり人気な小説だったので、コレクター商品などからの出品もあり、かなり高額で取引されているなかでも結構安く仕入れたつもりでした。

 

ですがなかなか売れることはありませんでした。原因はおそらく図書館の存在ではないかと思います。図書館は人気小説を何冊も購入して貸し出しを行っている場合があるのです。これが原因のすべてとは言わないですが、一つであることは間違いないと思います。

 

参考書などは基本的に図書館にはおいてないので、取引がしやすいのですが、小説は貸し出しを行っています。これは完全に盲点でした。結局小説から手を引いて学習参考書だけでのせどりを行うことにしました。Amazonだけでなくヤフオクなども駆使して、最高で数万円の利益を得ることが出来ました。

 

私がこの体験談を通して皆さんに伝えたいことは、せどりにおいて一番大事な過程というのは仕入れだということです。ここをなめてかかると必ず失敗すると言っても過言ではありません。現に私が小説の仕入れで予測を見誤ったのは上記に記したとおりです。

 

仕入れで重要なのは、複数のツールを必ず利用することです。ブックオフで500円で売られている本がAmazonだと送料を含めて300円しないということもザラにあります。仕入れの段階で利益計算などを見誤らなければ、ある程度の利益は出るビジネスだと思っています。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫

処分品仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品仕入れの登録はココ!!