ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ヤフオク転売で儲かったら、次は倒産品処分市が狙い目かも!

私がヤフオクを始めた理由

 

趣味のものを減らしたいという思いがあったのですが、捨てるにも量があるし買った時のことや、まだ使えることを考えると捨てられませんでした。

 

そんな中、「捨てられないなら売ればいい」と思い立ち、メルカリやヤフオクなどたくさんのサービスがある中で、私が選んだのはヤフオクです。

 

理由は、自分では「物の相場」というのがわからなかったため、趣味のものということもあって、もしかしたら思っているより高値で売れるかもしれないと考えたからでした。

 

オークションであれば、最低金額さえ設定しておけば、後は入札する方が価値を決めてくれるので初心者にとっては楽だと思います。


何を出品していたのか

 

好きなアーティストのライブグッズや、部屋の中で場所を占領していたぬいぐるみ、着ない服、昔集めていたアニメグッズなどを販売しました。最初は本当に何もわからなかったので、手に入れた時の値段の三分の一くらいから始めたと思います。

 

続けていくと、徐々に値段設定がわかってきます。最初は、私のように当てずっぽうで決めるのではなく、同じものが出品されているかどうかを確認し、もし出品されているのであればそれに似た価格を付けるのがいいかと思います。


ただ、あまり最初から値段を気にしすぎると、もし相場で売れなかったらイライラするだろうし、売れるまでの楽しみもなくなってしまうので気にしすぎには注意してください。


利用手順について

 

流れとしては出品→落札→発送となります。3つのうち出品者がやるべきなのは出品と発送作業で、最初は少し面倒に感じます。

 

出品する際にやることは、値段の決定や、写真・説明文の準備などがあります。商品は毎回違うので、慣れてきても絶対必要な作業です。

 

発送については慣れてきたらスムーズにできるようになると思います。最初は、どんな発送方法があるのか、送料はいくらか、梱包方法など覚えることが多くて大変でした。郵便局によく荷物を持って行ってたので、窓口のお姉さんの顔を覚えてしまいました。
出品する期間なども決めるのですが、期間については大体3日から1週間前後に設定していました。


出品の際にやっておくこと

 

一番大変だったのは値段設定ではなく、商品説明文をどう書くか、という点でした。適当に書いても売れる時は売れるのですが、注意書きなどを書いていないと後々入札者・落札者から質問があるため、なるべく最初から具体的に書いておくべきだと思います。
重要なのは、配送の際に何かあっても責任を負えない旨や、商品のスペック・傷・汚れなどについても記載しておくこと。

 

私の印象では、しっかり正直に書いた方が売れます。本当は傷がついているのに、あたかも新品のように写真を加工して出品したり、見えないような角度から出品したりする方もいます。


私はそんなにしてまで「高値で売りたい!」というようなことがなく、あくまで自分のものを減らすことを目的として利用していたので、傷があればその部分をクローズアップした写真を載せていました。

 

写真もすごく重要で、商品のメインになるものです。何故かというと、オークションの検索結果のページは大体写真とタイトルなどで一覧表示になっているため、まず写真で興味を引かないとそもそも商品ページを見てもらえないのです。

 

まず絶対必要なのが商品全体の写真で、後は必要であればおすすめしたいポイントの写真を撮ります。例えば、本であれば表裏とか、初版本だったら追加で初版の証拠写真などを撮ると良いのではないでしょうか。

 

部屋の中で撮った写真というのはは大体暗いです。なので、撮った写真をパソコンに取り込んだ後、ペイントソフト等で明るく補正していました。この一手間でも結構変わってくるように思います。


加工のしすぎは逆効果になるので、明るくするとか色を少し鮮やかにする程度に留めておくべきでしょう。出品し慣れている人は、写真を撮る前に照明を準備したり、真っ白な背景を準備したりしているそうです。そこまでいくと、もう本格的な商売ですね。


クレームは未然に防ぐのが良い

 

忙しい方だと、落札されてからすぐ発送、というのが難しいと思うので、「落札後○○日以内に発送」などを記載しておくと良いと思います。付属品の欠品とか、上記でも書きましたが、商品の状態などもきちんと記載しておくべきです。


落札後にクレームが入ると面倒だと思うので、私は書ける範囲で何でも記載していました。今のところ私は困ったクレームもなく、変な落札者にも当たったことがありません。皆さんマナーの守れる方ばかりでした。

 

そんな人ばかりならいいのですが、恐らくネット上には色々な人がいるので、できることは事前に準備して、問題を防ぎましょう。


感謝を表現することも重要

 

発送について私がやっていたことですが、商品を梱包する時に一緒にメッセージカードを入れていました。一言お礼の言葉を添えただけのもので完全に自己満足だったので、もしかしたら「余計なゴミ」と思われていたかもしれませんが、やっぱり買ってくれているのでお礼は大事だと思いました。


人とのやりとりが面倒だからオークション等を利用するという方もいるかもしれませんが、最低限は関わりましょう。たまに「メッセージまでいただいてありがとう」と言われることもあったので、それが嬉しかったです。


発送の失敗

 

発送に関しては一度失敗したことがあります。ガラス製品を発送する際に、「壊れ物指定」をすれば大丈夫と思い、軽めの梱包で送ってしまったことがあり、結果落札者のところに届くまでに壊れてしまっていたのです。

 

落札者から連絡をもらった時にはどうしようかと思いましたが、しっかり「壊れ物指定」をしていたこともあり配送業者の方で料金を負担していただけるとのことで話がまとまりました。ただ、料金に関しては負担できても、割れた商品が戻ってくることはないので落札者には大変残念な思いをさせてしまいました。

 

小物類・軽いものなどは大丈夫だと思いますが、取り扱いに注意が必要なものに関しては、梱包・発送方法にも気をつけないといけません。梱包材はしっかり多めに使いましょう。プチプチと呼ばれているもので大丈夫ですが、100均等で簡単に手に入ります。


売れやすいもの

 

コレクター性の高いものは売れやすいと感じました。私が出品した例だと、同シリーズの小さいぬいぐるみがたくさんあって、どれも全てゲームセンターのUFOキャッチャーで簡単に手に入れられるものだったのですが、セットで10体以上で販売したら万単位の落札価格になっていて目を疑いました。


こまごましたものはセット販売の方が売れやすかったし、同じアーティストのグッズでも系統の違うものはセットより個別で売った方が売れやすかったです。


サービスを利用してみて

 

単純に楽しかったです。面倒に感じることもありましたが、自分で値段を決めての販売ではないので、最終的な金額が決まるまでワクワクします。売れない時は残念ですが、最初の値段や写真写りや説明文を改善したりして工夫をすると売れることがほとんどです。工夫の仕方も自分で考えるようになるので、続けていけばどんどん良くなっていきます。


思い入れの強いものだと捨て辛いので、また誰か必要な人に使ってもらえるというのはこちらとしても気が楽ですし、意外なものが高額で売れてちょっとした収入になるので、家族で美味しいご飯を食べに行ったりできました。

 

リサイクルショップなどに持って行くよりはずっと良いと私は感じましたが、出品の際の時間と手間を考えると、ただ処分したいだけならどちらでもいいでしょう。私は多分合計で20万円くらい稼ぎましたが、趣味のグッズはもうほとんど売ってしまったので、また売れそうなものが出てきたら利用すると思います。


楽しみたい人にはおすすめの販売方法なので、是非挑戦してみて下さい。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*WebAbout株式会社の運営です。