ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

メルカリやヤフオク本当に売れるの?実際に体験した私の体験談公開!


メルカリとヤフオクを利用するまで


私は今流行りの「断捨離」をしたくて、自宅に居ながら不用品を販売できる「メルカリ」と「ヤフオク」に出品してみました。でも、最初は分からないことだらけでとても大変でした。

 

値段の決め方から、商品撮影に至るまで分からないことだらけでした。今回は、そんな私のネット物販について「メルカリ」と「ヤフオク」の経験を具体的にご紹介したいと思います。

 

これから始めようと思っている方、やってみたいけどなかなか実行に移すのが面倒という方も是非参考にしてみて下さい。


「メルカリ」で出品した最初の商品


まずは「メルカリ」からご紹介致します。一番最初に私が出品したものは、チェックのシャツでした。もともと古着屋で購入したものだったので、価格をメルカリの最低価格300円で出品したところすぐに購入者が現れました。

 

私は嬉しくてすぐに発送の準備に取り掛かりました。でもどうやって梱包したら良いか分からず、その時はOPPという透明の袋を使うことも知らなかったのでとにかく綺麗に畳んで家にあった茶色の封筒にそのまま入れて指定の住所宛に送りました。

 

その時は、郵便局での発送しか知らなかったので定形外郵便で送りました。今思えば、定形外郵便だと追跡記録とかも何もありません。

 

なので、万が一届くのが遅くなったとしても今どこに荷物があるのかを確認出来ません。幸いそのチェックシャツを購入して下さった方のもとには数日で届いたので問題はなかったのですが、受け取り評価を付ける欄で始めて指摘されたことがありました。

 

メルカリでは、商品が届いたら必ず受け取り評価をするようになっています。評価は、「良い」「普通」「悪い」の三段階になっています。基本的には問題が無ければ「良い」を付けます。

 

私も不幸中の幸いで「良い」評価をその方が付けて下さいました。でも、コメント欄に梱包が何もなかったので残念でしたと書かれていました。やっぱり商品を購入する側になったら、こういう梱包はとても大切です。

 

全くの初心者で何も分からなかった私は、この時から気を付けるようになりました。


「メルカリ」出品で気を付けること


メルカリでは、商品が売れたら必ず綺麗に梱包する必要があります。今回の私のようにシャツのようなものなら、透明のOPPなどで十分ですが電子機器などを扱う場合、きちんと梱包しないと発送中に凹んでしまったり傷がついて返品されてしまうこともあります。

 

メルカリでは、出品者側と購入者の間で納得がいけば返品することが出来ます。返品手続きが完了した時点で事務局に連絡すると、しばらくしてから事務局から連絡がきて取引がキャンセルになります。

 

でもせっかく売れた商品を返品されてしまったら嫌な気持ちになりますよね。出品する際には、必ずこうしたトラブルがないように商品説明欄に記入する必要があります。

 

また、高額な商品は定形外郵便など追跡記録が出来ないものではなくメルカリ便や追跡できる方法で発送するとトラブル防止になります。私は、土日祝日をはさんで定形外郵便で送ったことがありますが、

 

5日以上かかることもあり売り上げ金額に反映されず次に購入したい商品に時間がかかったことが何度もありました。商品が売れたら、発送方法もしっかり考える必要があります。

 

多少お金がかかっても早く確実に届ける方法を選ぶのであれば、らくらくメルカリ便がおすすめです。


「メルカリ」で上手にうるコツとは?


それからメルカリで出品する際には、値段の付け方にも注意しましょう。出品する前に同じような商品が一体いくらで売れているのかを確認しておくと良いです。

 

私は以前、人気商品で全く使用していない新品のハンドクリームを定価の半分以下で販売したところ即売れてしまいました。後から他の商品をみたら、倍以上の値段でも売れていたことが分かりほとんど売り上げにならず苦い想いをしたことがあります。

 

値段を付ける時は、送料を引いた売り上げ金額が一体いくらになるのかをしっかり考えてからつける必要があります。また、値段だけでなく商品の撮影もとても大事です。

 

目に見えないお取引になるので、購入者がどんな商品なのか?ぱっとみて把握する必要があります。もしも破れがある場合には、その旨を正直に撮影して商品説明に載せます。

 

それでも購入して下さる方はいるので、必ず隠さずに載せることが大切です。出来れば昼の時間帯で明るい時に撮影すると綺麗に撮れるので、お昼がおすすめです。


ヤフオク」体験談


私は、ヤフオクで着なくなった白いスーツを売ったことがあります。メルカリに出すよりもきっと高くうれるだろうという想いから出品してみたのですが、全く期待外れでした。

 

私が出品したのは白の上下のセットアップのスーツでした。私が20歳くらいの時に両親が買ってくれた定価3万円もする上質なスーツだったのですが、ヤフオクで売れたのはなんとたったの999円でした。

 

しかもだれも購入者が現れず諦めようとしていた最後の時間で売れたのです。最低価格を999円に設定していましたので、なんとか送料を引いて売り上げはマイナスにはならなかったのですが、とても苦い経験をしました。

 

ヤフオクもメルカリと同じで、商品が売れたらそのまま自分で梱包して購入者のもとへ発送します。ただ私のように苦い経験を避けるために、ヤフオクに出品するものは必ず売れるもの、人気のある商品がおすすめです。

 

例えば、使わなくなったアイフォンとかでしたら高値で売れます。ジャンク品でも5000円くらいで売れる場合があるので、ヤフオクに売る場合は商品を選ぶ必要があります。

 

また出品期間を選べるという点もヤフオクならではの特徴といえます。例えば私は、あまり時間をかけたくなかったので出品期間を3日間にしました。

 

丁度、入園式や卒園式前でしたのでチェックリストにはいくつか載っていたのですが、少し期間が短すぎたようです。こういう季節物は、出来るだけ長い期間をかけて出品した方がより多くの購入希望の方が見てくれると思いました。


「メルカリ」と「ヤフオク」どっちがいいの?


私は以上のようにどちらも出品経験をしてみて、それぞれに合った出品方法があるなと思いました。メルカリなら、利用者も多いので目にとまる可能性が高く売りやすいですが、ヤフオクは希望する価格に至らないことも多々あります。

 

どんな商品をどの方法で出品するのか?また、事前に送料にいくらかかるのかをしっかり調べておかないと売り上げにならないこともあります。特にこうしたネットでのやり取りが苦手な方は、最初は不安も多いと思います。

 

どうしても自分の個人情報を相手に知られずに出品したいという方は、メルカリの匿名発送を使えば大丈夫です。ヤフオクではこうした機能がないので、匿名希望の方にはメルカリをおすすめします。

 

まだ私は経験したことがないのですが、落札してから色々と文句をつけてくる方もいるようです。例えば、発送方法を指定してきたり…といった具合にです。

 

必ずこうしたトラブルを避けるために、発送方法は商品説明の欄に書くようにしましょう。私は、必ず商品説明欄にも発送方法を記載するようにしています。

 

「もし、記載した発送方法で納得がいかない場合は、プラスしてお金を頂ければご希望の発送方法でお届け致します」という内容を書いておくとトラブル防止になります。

 

私は今後は、なるべく「メルカリ」を使うようにしたいと思います。どうしても高値で売れそうな商品がある時だけ「ヤフオク」を使おうかなと考えています。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。