ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

メルカリ、ヤフオク、Amazon、ネット物販体験談と今後の展開(倒産品仕入れ)

 

ネット物販を始めて今年でもう3年・・!

 

もう3年か、まだ3年かは人によって印象が変わるだろうが、飽きっぽい自分の性格を考えれば、継続している方だと思っています。続けられている理由としては、月単位で損をした事がないからだと思います。


細々とでも利益を上げ続けている事が、自分への啓発としては十分だったと考えています。そもそものネット物販を始めたきっかけとしては、単純に会社員としてのお給料にプラスアルファが欲しかったからです。

 

きっと副業としてネット物販を始めようとしている人のほとんどがこの理由だと思います。このご時世、給料が緩やかにでも上がっていけばいい方です。維持する事でも大変なのに、キャッシュポイントを一つに絞った従来の働き方に危機感を感じていた事も事実です。


何より、会社のお給料以外での収入は自分に大きな自信をもたらしました。なにせ、自分自身の力だけで、コネも後ろ盾も使わずに掴み取ったお金は、今まで会社員として稼いだお金とは、全く別の充足感を自分に与えました。

 

まずネット物販を始めようと考えている方が最初に悩む問題として、なにを売るか?
という、物販の根本であり核心の部分に触れるはずです。ネットで検索してみると、様々な人たちの様々な意見に触れる事ができます。そして、結局どこに行き着くかというと、


一点あたりの利益が多い商品を扱おう。

という意見と、

自分の好きな商材を扱おう。

という結論に達するかと思います。


そして、そのどちらも全く間違いではありません。むしろ、物販としてどちらもこれ以上ないくらいの正解です。


ただ、この記事を読んでいる方が、これからネット物販を始めようとしている方なら、
ぜひ後者を選んでいただきたいです。その理由の一つとしては、一点あたりの利益が高い商品は、結局仕入れ値も高い事が多いからです。


ネット物販に限らず、この業界の売値の上下は商材にもよりますが、一朝一夕では読めません。アマショウやオークファンなどの過去の商材データ管理サービスを使ったとしても完全な需要と供給のバランスを把握するのは至難の業です。


最初に一点あたりの利益を優先すると、ラッキーパンチは出るものの、痛い目を見兼ねません。そういった商品を扱っている方たちは、必ずと言っていいほどリスクヘッジをしています。その商材の流れを読んでいます。

 

そしてそれは、その商材業界に身を置いて、顧客たちと対峙していかない限り身につかない技術だと私は思います。結局最後はカンなのです。この商品は売れるだろう、という自分の自信。


ただそれは、業界に身を置いている年数次第であまりにも重い、あるいは軽い信念になります。では、そのような玄人達とどうやって渡り合っていけばいいのか?個人で、コネも後ろ盾もないまま物販を始めるわけです。不安はつきません。


そこで後者の商材の選び方、好きなものを扱う。という選択肢になるわけです。自分に興味のあるものに関しては、リサーチも商材の発掘も苦痛は半減されます。むしろ趣味の延長でできる方もいらっしゃるはずです。そして玄人達が最終的に使う、自分のカン。


それが、最初から備わっている可能性が十二分にあるのが好きな商材のポイントです。なにせ、自分が欲しいか欲しくないかの判断が効くのです。これ以上になにを信じて物販をやればいいのでしょうか?こんなアドバンテージを活かさない手はありません。

 

さらにさらに、最終的仕入れで悩んだ時に、最終手段として、売れなかったら、自分のものにしよう。という考え方ができるのです。これは、初心者の頃には大きな心の余裕になるはずです。


まず、商品の仕入れになれなくてはいけません。その仕入れが全くの無駄になる事を考えると、二の足を踏んでしまう事も少なくないでしょう。そういった時に、この初心を思い出せばいいわけです。自分が客の立場だったら。この気持ちになる事が、利益を上げる近道だと私は思います。

 

私の場合は、会社で音楽関係の仕事をしているので、商材としては音楽CDとレコードを選びました。その後、楽器の周辺機器、それに伴った機材なども扱うようになりました。しかし最初からその商材をオンラインで売買したわけではなくて、私の場合はまず、家にある不用品を売れるものから売っていきました。


全く来ていない洋服。使わなくなった家財。そういったものを大量に素人なりAmazonヤフーオークションで出品しました。この行動にはいくつか理由がありました。まず、そもそも物販の流れを覚える事。


なにはともあれ、所作や流れがわからなくては話になりません。いきなり本腰を入れた商材を扱って、不備があった場合、顧客を逃してしまう可能性も考えて、ネット物販のフィールドに慣れる事が必要だと思いました。


二つ目は評価を稼ぐ事。初出品時は、どのフィールドでも評価はゼロのままです。ネットで買い物をした方はわかると思いますが、評価や口コミがないショップでの通信販売はなかなかハードルが高いはずです。


なにせ、前例がないのです。顔が見えないネット通販ならではの問題です。もちろん、自身でネットショップを立ち上げたいと考えている方もいると思います。それでも、今現在の状況を考えて、よほど特殊な商材を扱わない限りは、AmazonYahoo!楽天、メルカリなどのネットショップを無視する事は出来ないと思います。ネットの中にショップを立ち上げる事は、そこまで難しくありません。


少々のHTMLとCSSの勉強、レンタルサーバーへの課金などが可能であれば誰でも簡単なネットショップの開業が可能です。しかし、上記の検索上位に出てくる有名ネットショップを無視してあなたのサイトを開くでしょうか?


それほどのニッチな商材、もしくは特殊な仕入れでの破格の値段が提示できなければ勝ち目は薄いでしょう。そして話を戻すと、その既存のフィールドで戦うためには、そのサイトでの評価の数がどうしても一定数必要になるのです。

 

同じ商材、コンディション、価格なのであれば最後はサービスのいい方で買いたいと思うのは消費者の自然な心理です。そのためには、まず不用品を低価格で売ってしまうのが手っ取り早く評価が稼げる近道だと考えました。とにかく儲けを考えなくていいのです、不用品なのですから。


この方法は、取引が成立したら評価を入れる事で受け取りの確認をするという暗黙のルールがあるヤフオクにて抜群の効果を発揮します。そして実際の商材についてですが、まず所作に慣れる事が大切だと説明しました。


これに関しては、自分が物販を行おうと思っているサイトで実際に商材を買ってみる事が一番の方法だと思います。どういった確認の連絡が来るのか?どれくらいの期間で届くのか?発送の業者はどこでどういった形態で送られてくるのか?その商材に対しての梱包の度合いはどういった方法か?商品が到着した後のケアはどういったものが必要なのか?それに伴って自分はその業者にどういった感情を抱いたか?

 

それが全てわかります。

 

商品代は勉強代として払っても余りある位、手にするものがあるはずです。その際、リサーチついでに評価の高い、それでいて個人でやられているような自分に近いショップから勉強すると、学ぶ事が多いでしょう。

 

最後に自身が実際にネット物販をしてみて、感じたサイトごとの印象を書きます。

 

Amazon


評価を稼ぐのは大変だが、とにかく変な客は少ない印象。
よくも悪くも無機質なサイトなので、自分に不備がなければ一番仕事がしやすかったです。

 

ヤフオク


評価を稼ぐのが簡単。しかし、確認のメールなど自身で顧客に合わせて送らねばならないのが大変だった。このサイトで主に稼いでいる方は自分のテンプレートが必須だと思います。

 

メルカリ


あまり文章を読んでもらえない。とりあえずダメモトで値切り交渉される。若い方が多い印象。

 

あなたはどの販路をつかって仕入れた商品やら不用品を売っていきますか?!

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。