ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ネット物販メルカリは最強っす!メルカリ×倒産品のススメも!

1、海外からの発送


私は海外に住んでいた期間があり、何かお金にならないかと考えたのがネット物販です。メルカリなどのフリマアプリは海外からの発送に厳しく、対応可能だったのがヤフオクだったので、ヤフオクを利用してみました。

 

これがネット物販の始まりでした。海外では、日本の半額近くで買えるものがあったりして、人気な商品は利益が高いです。人気商品を並んで買い、売っていた時期もあります。


海外からの発送で落とし穴は送料です。例えば、パーカー1着でもかなり送料がかかります。トータル、マイナスになることはありませんが、日本での物販よりはコストがかかります。


日本にないものならば購入してくれる人もいるかもしれませんが、日本にすでにある商品だと送料を差し引くとマイナスなんてこともザラではないので、そこはしっかり計算をしなければなりません。

 

発送は郵便局へ持って行っていました。1番送料が安く済むからです。追跡もあるので、ネットから確認ができます。ただし、一定の料金を超えると関税がかかって来るのでこれも注意が必要で、この分も計算しておかないと大赤字になってしまいます。

 

日本のように梱包グッツが気軽に手に入らないことには少し頭を抱えました。また、ヤフーオークションはワードなどによっては検索にかかることが少なく、見ている人の数が少なくて売れないこともたくさんありました。規模が大きいだけに仕方がないのでしょうか。


オークションは多くの人に見てもらってなんぼな部分はあると思います。ヤフオクであまりうまく行かなく始めてから痛かったのは月額料金です。何もなかった月にも引かれてしまうので、大きいものはあります。


現在ではオークション形式のものとフリマ出品形式のものがあり、フリマ出品は月額使用料がかからないので、過去にフリマ形式のものがあれば私は迷わずそちらを使っていたかもしれません。

 

海外に住んでいるとバイトなどができないことが多いので、不要なものなどを売ったり、少しでも生活の助けになるかもしれません。ヤフオクは大人の方が多い印象で、対応もきっちりしっかりしているイメージです。

 

2、メルカリ最強説

 

最近では知らない人もいないメルカリ。私はメルカリが出た当初から使用していました。はじめは操作が簡単で出品がしやすいという印象を受けました。

 

現在では利用者も多く、出品したら物によってはすぐに売れるイメージがあります。ここでの傾向は、比較的安い物はすぐに売れ、高い物は時間がかかる印象があります。また、他のサイトに比べてどの商品も少しばかり高く売れるような気がします。


こちらも試しに、海外で買った使用しない物を売ってみました。私の売ったほとんどが新品未使用で状態が良い物ですが、8割利益を出して売れました。


2割はまだ家で眠っていますが、原価もしくは赤字だったとしても、そこまで値下げをすることなく売れるんじゃないかと思っています。しかし、メルカリには業者も多いようで、私は短時間のうちにいくつも商品を出品した為か、恐らく業者認定されてしまいました。


こうなると、検索にはひっかかりません。毎日いいねやコメントが来ていたのに、ある日を境目にとても静かになりました。そこでその他のフリマアプリ「ラクマ」にも手を出してみました。その他のフリマアプリは手数料無料という素晴らしいシステム。ですが、反応は薄いです。売れないわけではないのですが、イマイチです。

 

使いやすさはどのフリマアプリも良いです。出品者側からすると、手数料無料は大きく、その分値引きも出来るので他のフリマサイトももっと活気付いてくれたらと願うばかりです。


購入者の方には、メルカリだけでなく他のフリマサイトとも価格等を比べてみることをおすすめしたいです。他のフリマアプリを使って気が付きました。メルカリが最強だと。飛ぶように売れるメルカリ。さすが、利用者数ナンバーワンなだけあります。

 

これから使う人、今現在使っている人には私のようにならないよう、気をつけて欲しいです。使いやすさや利用者数が多い反面、利点だけではありません。ユーザーの幅も広く、マナーがなっていない人も見受けられます。タメ語で取引に応じる人も何人か出会いました。


値引きしてほしいというコメントも半分以上の人がしてきます。絶対来るなと思った時にははじめから少し上乗せしておくこともあります。


メルカリは何ヶ月か前に出品したものでも突然売れたりします。諦めかけていても大丈夫です。価格を改めて再出品してみるのも手ですが、放置していても構わないかと思います。


何よりも写真が大事なので、ここはこだわってください。写真を変えたらすぐに売れたこともあります。特に服はアイロンをかけたり、シワを少し伸ばしてみたりするだけで印象が違います。

 

何よりも撮影が難しいのは衣類かと思いますが、頑張ってもらいたいです。デジカメなどを持っている方はそちらで撮ることもおすすめします。背景は白が1番綺麗に写るのでおすすめです。


財布などの小物系は箱などの付属品や保証書があった方が売れるので、買った際には無くさずに保管しておきましょう。

 

3、梱包や発送、今後のネット物販

 

私は購入もしますが、同じ商品でも梱包によって印象が左右されてしまうと思います。ネット物販では評価にもつながりますので、ここには力を入れます。と言っても、梱包グッツは100円ショップで気軽に手に入りますので、お金はそれほどかけずに済みます。

 

おすすめは緩衝材やOPP袋です。洋服1枚でもOPP袋に入れるととても見栄えが良いです。また、最近ではネコポスや宅急便コンパクトなどの発送もできるようになり、匿名発送ができるので安心ですね。匿名の安心さだけでなく、住所の記入が不要であり、送料は商品代金から引かれるところも出品者からすると便利です。

 

箱はコンビニやヤマト運輸で手に入るので、100円ショップの梱包グッツで梱包した後に箱に詰めて終了です。発送もコンビニもしくはヤマト運輸からできます。軽かったり薄い物は郵便局から発送することも多いです。


大きなものの箱はホームセンターなどで手に入りますよ。届くと、ほとんどの人がすぐに評価をしてくれるので、スムーズな取引が多いです。しかし、たまに音信不通になったり評価をしてくれない人もいます。本当に困ります。


追跡番号がある際には事務局の方が代わりに評価をしてくれて完了することもありますが、この評価がないとお金が入らないので、発送の際には追跡番号のある発送方法をおすすめします


何件か取引を終えると、だんだんと慣れてきます。取引相手とのやりとりやコメントへの返信、梱包や説明文の入力など全てです。家にいながらもお金を生み出すことのできるとても便利なシステムです。売り手にも買い手にもいい市場となっていると思います。


私は今後も利用していきたいと考えています。これはメルカリだけでなく、様々なサイトを少しづつ上手く使っていきたいと思っています。商品が売れた時やコメントが来た時の一期一憂は、経験者の方ならわかることでしょう。


携帯1つで気軽にできるので、ネット物販は本当におすすめします。1人につきアカウントは1つと、セキュリティーなどに厳しいところも多いので、それほど不安にならずに始められるかと思います。今後もネット物販はもっともっと盛り上がりを見せてくるんじゃないかと予想しています。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。