ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ずぼら女子ネット物販への挑戦

 

ずぼら女子ネット物販への挑戦その1

 

〜きっかけ、出品編〜

めんどくさいことが大嫌いなずぼら女子な私

 

ある日友達から耳寄り情報が、、!”私の友達メルカリで10万円稼いだんだって!登録も出品も簡単だし、リサイクルショップに持っていくよりかなり高額で買い手が見つかるからお小遣い稼ぎになるよ!”とのこと。テレビのCMなどで最近見かけるメルカリ、ラクマなどいらなくなったものを簡単に出品して、販売できてお金が入ってくるなんて、これなら私にもできる!

 

要らないものならたくさんあるし、処分ができて最高という軽い気持ちでアプリをダウンロードしました。さて、何を売ろうかととりあえずアプリ内を見てみることにしました。洋服から食器類など様々な商品がずらりと並んでいて、中にはこんなものまで売れるのかと思ってしまうようなショップの袋まで販売してありました。

 

なんでもありなんだなと思いつつ、まず手始めにリュック1つとカモフラージュ柄のアウター、ハイブランドのピンクのライダースジャケット、ビンテージショップで購入したストライプのワンピースなど4点をスマートフォンで撮影し、商品の状態、元値、販売金額など、入力画面に従い入力をし、本当に簡単に出品が完了しました。果たして売れるのかという疑問はありつつ様子を見ることにしました。


ずぼら女子ネット販売への挑戦その2
〜出品経過〜

 

出品から3日後、アプリからの通知が、、!もう売れたのかとアプリを確認しに行くといいね!が5件という通知がありました。この調子だとあっという間に買い手がつくのではないかと思いました。しかし、考えは甘かったのです。一週間立てど10日立てど全く売れる気配がありませんでした。

 

何が悪いのかと自分が出品した商品の写真と買い手がつく方の商品写真を見比べてみることにしました。明らかに違う点がありました。まず、背景。わたしはハンガーにかけドアに吊るして写真を撮影していましたが、買い手が付いている方の写真は全部床に置いて撮影がしてありました。

 

次に写真の枚数。正面写真一枚の私に対して正面、後ろ、万が一汚れがある場合はその箇所のアップ、タグやサイズ表示、生地の質感がわかる写真など何枚もの写真が掲載してありました。そこでわたしは早速実践に移します。当時住んでいたマンションの床が白だったこともあり、床に洋服を広げ少しでもよく見えるように何枚も撮影しました。

 

フレームの中に治らない場合は上と下を分けたり、畳んでみたり、洋服の色がわかるように光にも細心の注意を払い、リョックは内ポケット部分まで丁寧に撮影をしました。ズボラめんどくさがりなわたしにしては上出来でした。早速その写真を使い再出品。果たして今度は売れるのか、、!ワクワクしながら通知が来るのを待ちました。

 

ずぼら女子ネット物販への挑戦その3
〜商品が売れた!発送までの流れ〜

 

写真を変えてからわずか2日でカモフラージュ柄のアウターになんと買い手が見つかりました!ですが、すぐに入金をすることを条件に値下げ交渉が始まりました。かなり安い値段で出品しているためこれ以上は下げられないとこちらも必死です。結局発送料は私負担でということでなんとか値下げせずに交渉成立しました。

 

購入者との間には運営会社が入っているため購入者が入金をし、入金完了を確認後に商品発送。商品が購入者の元に届き次第、出品者に入金されるという安心安全のシステムでした。しかし、商品発送は自分で行うためどうしても住所がバレる、、。

 

今回は全くの他県の方だったためあまり不安などもありませんでしたが、万が一同県内などの場合は少々不安な部分もあるかもしれないと思いました。いざ、発送の準備に取り掛かります。発送料を負担しているためどうにか安く済ませたいずぼら女子な私。クロネコヤマトのサービスを使えば安く済むということがわかり早速専用の箱を買いに行きました。

 

クロネコヤマトに直接行かなくても近くのコンビニでも買えるというのはずぼら女子の私にはありがたいサービスでした。いざ、箱を購入し商品を箱詰め。箱が小さい、、思ったよりもかなり箱が小さい、、しかし、ここで諦めて仕舞えば今までの努力が水の泡になってしまうと思い、なるべく小さくコンパクトになんとか箱の中に収めることが出来ました。

 

そしてもう一度コンビニに持って行き発送完了しました。そこからアプリで商品発送完了通知を送り、数日後事務手数料が引かれた金額が無事振り込まれ、購入者からの評価が届きまあまあの高評価ではありましたが、コメントなどは一切なし。あんなに頑張ったのにとおもいながら、初めてのネット物販のすべてが終わりました。

 

ずぼら女子ネット物販への挑戦その4
〜感想〜

 

正直かなりめんどくさい!!出品するのは面倒くさがりな人には簡単なことではないと実感しました。写真撮影から始まり商品を見てもらえるような上手い見出しを考え、商品説明を事細かに1つずつ全商品にするなんて、こんなのマメな人じゃないと出来ないよとこりごりしてしまいした。

 

たった1つ商品を販売しただけで私は断念、残りの商品は全て販売停止にしてしまいました。そして残った商品はどうしたかといいますとzozoフリマ行きになりました。ブランド名を入力し、売れるか売れないを即座に判断され売れるものは適当に畳み発送し、後日販売金額を提示されオッケーボタンを押すだけ、なんで簡単なんだろうと思いました。

 

メルカリなどに比べ買取金額の安さ、買取不可なものなど条件は様々ありますが、何と言っても一番は簡単!ずぼら女子の私はこれに尽きます。これにてネット物販は終了しました。今後は買うだけならお得で簡単だしいいかなーなんて考えています。

 

ずぼら女子ネット物販への挑戦その5
〜番外編〜

 

最後にメルカリでの購入について少し書かせていただきます。友達の結婚パーティー用のドレスをなんとか安く済ませる方法はないかとメルカリで探してみることに。ありました!すぐに見つかりました。値段もお手頃、出品者の評価も高め!即購入手続きに進みました。今回は出品者ではなく購入者なのでお金を振り込むだけの簡単作業でした。

 

出品者の方の対応も早く2、3日で商品が到着しました。箱を開けてみると新品を購入したかのような包装、中にはメッセージカードまで!”今回は購入ありがとうございます。二度目の購入から10%割引させていただきます”との手書きメッセージ付き。。

 

なんとマメな人がいるものだと感心してしまいました。発送した商品全てにメッセージをつけているのかと思うともうわたしは脱帽です。その方のページを再度確認してみるともはや小さなネットショップのよう。商品説明もついつい欲しくなるような見出しに説明も丁寧。こういうマメな方の商品が売れ、何十万円もの利益を出していくんだと感じました。

 

やはりわたしには今後続けていく自信はありませんでした(笑)もちろん、リサイクルショップに持っていく何倍もの金額で商品を売ることができるのはとても魅力的でしたが、わたしには不向きだと感じ今では購入専用アプリになってしまいました。。しかし、購入専用になってしまいましたが、お得に商品を購入できるという点はやはり魅力的です。

 

がしかし、売れた時の喜びはあったのでまたやってみる気が起きたらやろうかなーなんて多分やらないだろうなと思いながら今日もフリマアプリでお得に買い物をするずぼら女子でした。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。