ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ヤフオクで洋服を仕入れ販売してから苦労した事など

■私がヤフオクで出品するようになった理由

 

私は結婚後に洋裁教室に通い始めたので、ミシンも3台所有していましたし、洋服もある程度縫えるようになりました。基本的には自分の洋服を作る為に洋裁教室に通い始めました。ですが、結婚した後も全く子供に恵まれなかったので、日々の時間を持て余すようになっていました。空虚な気持ちを夢中になってしまった為に主人の勧めもありミシンを使って何かできないかと言われるようになりました。

 

その頃からハンドメイドの洋服が盛んにヤフオクで出品されるようになり、値段も思った以上に高く売れている事も知りました。自分の趣味とは全く異なるようなデザインの作品の方が多かったのですが、昔からファッションは好きでしたし、絵をよく描くことがありました。学力はあまり無いものなのですが、どちらかというと美術的分野の方が得意でしたので、自分でデザインした洋服をヤフオクで販売できないかと考えるようになりました。

 

■ハンドメイドは買い付けやトレンドを見極める事で苦労する

 

やはり、ハンドメイドの作品を売る為には基本的な資金も調達しなければなりません。私は習い事をしていた為に基本的にミシンはありましたが、布はある程度購入しなければなりませんでした。どちらかというと、天然繊維にこだわる方の方が多いように感じました。麻や綿混などの方が売れ行きも良かったこともあり、こちらを中心に購入するようになりました。購入先は色々でネット通販で購入することもあります。

 

また、日暮里は生地の卸問屋がたくさんありますから、こちらに出向くこともあります。どれだけ安価で布を購入することができるのかということが、やはり重要な問題になってきます。かといって、お客様が好まないような布を購入しても、あまり洋服の売れ行きが良くなるわけではありませんから、ある程度知られているブランドのような生地や、肌触りの良いものを選ばなければなりません。残る生地があまり多くても困るのでその辺も調整しなければなりません。

 

やはり、アパレルメーカー卸される生地と比べると、個人で購入する生地というのは割高になりますから、その分苦労も多いです。生地もその時々に気に入ったものを購入するのですが、その時期に使い切れなかったりするということもよくあります。洋服というのはある程度値段が高くつく部類の商品ではありますから、信用性が高くなければいくら販売しても売れません。

 

ヤフオクを始めたばかりの頃は苦難の方が圧倒的に多かった

 

ある程度ヤフオクの評価を稼いでから出品したつもりではありましたが、最初は売れ行きが悪く途方にくれたこともよくありました。私と同じような作品がどんどん落札されていく中、私の商品だけが残っているというようなことも稀ではありませんでした。ですが、洋服の評価がある程度付くようになると、リピーターのお客さんがある程度購入してくれるようになったので、その点では楽になりました。

 

やはり大変なのはデザインを頭の中で作りあげる時です。ある程度季節によって色柄の流行などは変わるのですが、同じようにハンドメイドする人が出品する色合いの洋服が売れ行きが良かったとしても、必ずしも同じ色の生地を使って作品が高く売れるとも限らないのです。さらに、季節物の商品の中では最も作るのが大変なアウター類は売れ行きは良い方です。

 

それでも、アウター類も良い売れ行きが良かったとしても製作するのはとても時間がかかるのです。その時間のかかり方に見合うような資金が回収されるかというと、労働力に対してそれほど対価を得ていないような気がします。一般的に外で働けば時給は900円くらいの相場になっていますし、それと比べるとかなり苦労するばかりか、一貫して自分で買い付けやお客様への対応などもするので、その辺でも苦労があります。

 

ヤフオク出品の洋服の制作は楽ではない

 

また、自宅で洋服を制作するのですが、やはり生地を切ったり縫ったりしていると予想以上に部屋の中が汚れてしまうのです。糸や繊維があちらこちらにを明いるような状態ですから、毎日の片付けがとても大変になってしまうというところも苦労しています。ハンドメイドと言うと、ゆったりとしながらお茶でも飲んで作業しているように見えるかもしれませんが、生地に汚れをつけたら大変ですから、お茶すら飲めないこともありますし、自分の時間の切り替えというのも難しくなってくるのです。

 

一般的なパートやアルバイトなどの仕事であれば、ある程度時間の流れに沿って仕事をして、帰宅すればそれで済むのですが、私のようにヤフオクで個人的に販売などをしている場合には、結果的に毎日仕事に追われているような感覚に陥ってしまうのです。作品を作り上げれば常にどれぐらいの価値がつくのかということが気になって仕方がありませんし、売れ行きの具合に差があるので、それだけでも落ち込んでしまうことがあります。

 

基本的に仕事が少なくなったりするということもないので、空いている時間があればいくらでも仕事やらなければならないという部分も見えない苦痛なのです。住宅ローンが開始されてからは、余計にも働かなければならないと思うようになったので、最初のうちには暇を潰すつもりで洋服の販売に挑んでいたのですが、ある程度結果を出すなければならないという風に自分の中で考えも変わってきました。

 

出品のコツというのはどんなものに関してもそのなのですが、ことに手作りの作品である場合に、基本的な知識がないとその商品を販売することはできません。ちゃんとした商品に仕上がってこそ購入してもらえるのです。ハンドメイドの作品というのは昔に比べて極度に変化しましたし、どんな物でも売れるというわけにはいきません。

 

ヤフオクで物を販売する為には並ならぬ苦労をしなければならない

 

以前は簡単のワンピース等でも販売できたのですが、今では作品に特殊なデザインが加わらないと売れ行きも悪くなりますし、場合によっては売れないということもあるのです。ヤフオクのブースを借りる限り、作品が売れないという事はあってはならないことです。個人情報に関しては、まず出品者としては信頼性が第一ですから必ず個人情報を守らなければなりません。

 

さらに、落札者の方もその点では気を使ってると思うので、個人情報でトラブルが起こるという事はまずありません。変な落札者というのはある程度いると思います。私も2度ほど被害を受けたことがありました。サイズが合わない洋服を購入した事に関して難癖をつけられたり、商品に欠陥があると言われた事がありました。それも落札者の自作自演の事でしたので、対応に悩みましたが自分に非が無い事や、口惜しさなどもあり被害を訴えると回答した所、結果的に被害は最小限で済みました。

 

それでも、私が出品し始めた時のみに起こった出来事でした。洋服の出品数が少ないと結果的に売れ行きもあまり良くないので、落札者からしたらいいように扱える対象です。まさに私もその状態でした。ですが、さすがにお客様もそこそこついてくると、価格もそれなりに高くなりますし、他の評価が全て良いのに自分だけ悪い評価を付ける事が不可能になってきます。

 

リピーターの方も多くなってくるので、お客様との信頼関係も徐々に築く事ができます。発送業務に関しては主人の職場が近いので、そちらで発送を手配して貰っています。その点では楽ですが、全ての工程をこなさなければならないので、自作の物の出品作業というのはとても苦労しますし、常に努力しなければならないのです。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。