ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

メルカリで断捨離してみたブログ

フリマを始めたきっかけ


一年程前からメルカリといったフリマアプリを利用しています。基本的には着用しなくなった衣類を中心に出品しているのですが、きっかけは衣替えの際にタンスに服が収納しきれず、最初は捨ててしまおうかと思いましたが、ただ捨てるよりも売ることができれば、本来0円の物が最低1円でも手元に入るからお得だと気付いたことです。


それに服などは特に勿体なくてなかなか処分に踏み切れないことが多いかと思いますが、お金が入る上に部屋が片付くと思えば一石二鳥です。家に広いクローゼットなどがあれば良いのですが、そうにはいかず、かと言ってゴミ屋敷にもしたくありません。


何年も使っていないものがあれば、いくら気に入っていてももうそれは今後も使わない可能性が高いです。思い切って売って、そのお金で別の物を新たに買うという楽しみも増えます。

 

メルカリで苦労したこと


自分では売れるだろうと思っていた物が意外と需要がなかったりすることが多いです。
ユーザーが気になった商品をマークするために”いいね”ボタンを押すという機能があるのですが、出品してから全く”いいね”がつかないと落ち込みます。


値下げをしても、あまり安すぎると送料の方が高くなってしまい、こちらのマイナスになっていしまうため値付けもなかなか難しいのが悩みです。そのため発送方法は出来るだけ最安の方法を利用するようにしています。発送方法については次の項目で説明します。

 

メルカリおすすめの発送方法


普通の通販サイトで買い物をすると、宅急便やゆうパックで送られてくることが多いと思います。フリマを始めてわかったことですが、これらの方法は意外と高いです。自分は郵便局の定形外郵便を利用することが多いです。こちらは追跡がつかない為、万が一紛失事故に合ってしまった場合は保証も何も付きませんし、発見されない可能性もあるので注意が必要ですが、宅急便を使うよりは安く済みます。


しかし最近郵便局が値上げと規定変更をしてしまったので、定型内や定形外郵便を使う際に以前よりも送料を安くすることが難しくなってしまいました。また、最近宅配業者のブラック化などがニュースに取り上げられていたりするので仕方ないとも思うのですが、「はこBOON」という配送サービスが終了してしまったことは残念でなりません。

 

こちらヤフオクをよく使われている方はご存知かもしれませんが、伊藤忠商事、ヤフー、ファミリーマートが協同で運営しているサービスで、通常の宅配会社ですとサイズの大きいものや重いものは通常送料も高くなってしまう一方、こちらはサイズや重量関係なしで発送地から配達地までの距離のみで金額が決まる為、郵便局の定形外の次によく利用していました。相手が自分と同じ県内ですと特に安くお得だったのっで非常に残念です。


またうっかり何も考えずに荷物を持っていくと、自分が予想していたよりも重量が重かったりして、かなりの送料を取られてしまいます。個人的には厚さ3cm以下のものでしたらクリックポストという郵便局がやっているサービスを利用するのがおすすめです。

 

こちらは自宅にプリンターがある方限定なのですが、ネット上のサイトに相手や自分の情報を入力し、専用のラベルをプリンターで印刷し、自分で貼り付けるというものです。送料の支払いはサイトを通してクレジットカードで行っています。事前に支払いを済ませるため、郵便局窓口に持ち込まなくても、ポスト投函できるのがメリットです。
こちらは重さは関係なく一律164円なのが大変助かります。今後も利用していくつもりです。

 

メルカリ出品のコツ


先ほども申しましたが、売れないものは本当になかなか売れないです。ブランド毎に検索が絞り込めるようになっているので、登録されているブランドやメーカーがあるものだと売れやすい気がします。ノーブランドの物はまず検索になかなかひっかからないので発見されることも難しいのです。


それでもなんとか売れるように自分が努力していることは、出品物が新着順にして上の方に来るように、頻繁に商品を削除して取り下げては再出品を繰り返しています。
検索した際に表示順が選択でき、出品が新しいもの順や価格が安い順、高い順などが選べます。始めは新着順に並んでいるため、ここでユーザーの目に入ったものが購入されやすいかと思います。


またヤフオクや他の通販サイトなど何でもだと思いますが、評価というものがあります。メルカリの場合は、取引後相手の評価をつけるのは強制です。評価をしないと取引が完了しません。ここで悪い評価をつけられてしまうと、「悪い出品者なのかな」と思われ購入に繋がらないことが高いので良い評価をもらえるように心がけています。


また、商品説明欄の文章が詳しければ詳しいほど購入してもらえるかと思います。商品の状態やサイズなどきちんと明記することです。また、写真も綺麗でハッキリしている方が、検索画面で一覧で並んだ際に目に留まりやすいですね。

 

実際自分は出品以外に購入もしますが、「これ良いな」という商品を見つけても、プロフィール欄を見て評価が悪いときちんと届くか不安になってしまうので、購入しません。商品説明欄も、どれくらい使用したものなのかとか、詳しく書かれていないと不信感が募りますよね。


出品者にコメントをして質問をすることも可能ですが、よっぽどのことがない限りわざわざそこまで…と思ってしまうため、やはり聞かれる前に聞かれそうなことを書いておくことが重要かと思います。悪い評価をつけられないためにやっていることは、取引が開始されたら、こちらの状況を逐一相手にメッセージを送って連絡することです。


例えば「ご購入ありがとうございます、今発送の準備をしています」だとか「こういう方法で発送しました」などです。本来メルカリのルールとしてはこのメッセージを送ることは強制ではないのですが、他の方の評価などを見ていると、「連絡が一切なく不安でした」などという理由で悪い評価になっていることを見かけるので、予防と、お互いに気持ち良い取引が出来るようにメッセージは送るようにしています。


それと梱包ですが、ビニールで元から包まれているもの以外(服や紙類)は万が一配達日に雨が降って水濡れしてしまっても良いように、ビニール袋に入れてから、封筒や紙袋、段ボールなどに入れています。そしてメルカリの物だとわかりやすいように出品物の情報とお礼を軽く書いたメモを同封しています。


自分が購入側だった時にこれがあると親切な出品者だなと思ったので、それ以来自分が出品側の際に行うようにしています。自分はまだ一度もないのですが、メッセージをきちんと送ったり、丁寧に梱包しても、それでも言いがかりをつけてきたりして悪い評価を付けてくる人もいるようです。それはもう運が悪かったとしか言えないと思うので仕方ないですね…。

 

メルカリ特有のもの


物を売ろうとする際に、今はオークション、フリマなど沢山のサイト、アプリが存在しますが、私が利用しているメルカリ独自のサービスをご紹介します。まずこのようなことを始める際にまず、会ったこともない知らない人に住所を教えるの怖いな。という思いが誰しもあるかと思います。今の時代は色々な方法で個人情報を入手して悪用する人がいるからです。


そんなときメルカリには「らくらくメルカリ便」というメルカリにしかない配送方法があり、こちらを使うと匿名配送が可能になります。相手は自分の名前も住所も知りませんし、こちらも相手の情報は何もわからないまま取引が終了します。


ヤマト運輸がやっている特別なサービスで、商品に貼り付けるラベルを暗号化させるため、名前や住所が見えない状態で発送、到着します。ヤマトの方は当然配達先の住所はわかってしまいますが…。もしインターネットで物を買ったり売ったりするのが不安という方は、こちらのサービスをおすすめします。

 

送料が少し高いので送料最優先のため以前は殆ど使ったことがなかったのですが、はこBOONがなくなってしまった今、こちらの方が送料が安くなる場合も出てきているので、今後は断捨離など利用機会が増えそうです。

 

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。