ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

メルカリの販売をするなら知っておきたいこと

 1、出品のきっかけと主な販売品

 

メルカリで主に出品をしています。使用しなくなったブランドのアクセサリー、ファストファッション以外の洋服、雑貨をメインに売っています。販売を始めたきっかけは仕事をしていた時に使用していたものが退職後に使用頻度がなくなり、衣替えの度に邪魔だったので処分したいと思ったからでした。

 

処分するのにお金が入るならと、当初は面倒だったのでネットでの販売ではなくダンボールに詰めて一気に査定してもらうという方法を選んでいましたが、すべて納得できる金額での買い取りではなかったので不満がありました。そんな時、友人がメルカリで販売をしたら手間はかかるけれど金額は良いと聞いたのでやってみることにしました。

 

2、販売で心がけていること、売るためのコツ

 

最初はどんな風に梱包して発送するのかも手探りでしたが、一度送ってみると仕組みがよくわかりました。最初は出品してから数ヶ月、そんなに簡単に売れる訳がないとほとんど放置していましたが、

 

数カ月後に初めてコメントを貰って、出品していた靴を買い取りたいというメッセージを受けました。メルカリのお知らせに通知設定をしていなかったので、そのメッセージに1週間ほど気が付かず申し訳ないことをしました。

 

せっかくコメントをくれた方に申し訳なかったので、もし買ってくれる意思があるのならばと値下げをして販売することにしました。快く買ってくださったので嬉しかったです。

 

初めて梱包するので迷いましたが、壊れ物ではなかったですが緩衝材でしっかり巻いて包装して送りました。するととても喜んでくださったので、毎回壊れ物でもそうでなくてもしっかりを梱包して汚れや破損のないように送ることを心がけ、商品の説明欄にもどのように梱包するか説明を加えています。


設定金額は同じような品物を出品している他の方の金額や説明の仕方を見て、それよりも安くかつ具体的に説明をすることを工夫しています。

 

3、値下げ交渉の対応

 

自分自身のプロフィールには、買い取る場合に「買い取ります」のコメントは必要ない、と添えています。それでも大抵の人が値下げの交渉のためコメントをしてきますが、言葉遣いが丁寧な人や「大切な品物だと思いますが」「失礼を承知で」などこちらの感情を察して前置きをしてくださる方は好感が持てて出来る限り値下げをしたいと思います。


反対に値下げ交渉が数百円単位ではなかったり、商品の2、3割近く値下げしてほしいと頭ごなしに来られると買い手として信用できない感じがするので断りを入れることもあります。

 

相手がどれだけ失礼な言葉遣いでもこちらは必ず丁寧語で返すようにしています。具体的な伝え方としては

 

「まだ出品して間もないのでもう少しこのまま様子を見たいと思います」「少し前に値下げをしたばかりです」「大幅な値下げはできかねますのでご希望に添えず申し訳ありません」「送料込みの価格ですのでご理解下さい」というようにいいます。

 

大抵の方はそれに対して返事をしてくれますがそのまま何も言ってこない人もいます。

 

4、過去にいた困った落札者

 

ほとんどのやり取りはスムーズにできますが、過去2回困ったことがありました。
一度は数回使用したストレートアイロンを出品すると、コメントも値下げ交渉もなく買い取りがありました。その人はコンビニ支払いを選択していたので入金確認後に発送する手順でしたが、なかなか入金がされませんでした。

 

その人のプロフィールを見ると、販売、買い取りともに履歴がありませんでしたが、それ自体はメルカリを始めたばかりなんだろうと気にしませんでした。入金期限をしばらく過ぎたので、「お忙しいかと思いますが買い取りの意思のご確認です。

 

お買上げの場合には入金され次第発送します。もし購入を辞退される場合は気になさらくて結構ですのでお知らせ下さい」と送りましたが全く音沙汰がなく、失礼な人だと感じましたのでこちらから取引キャンセルをしました。

 

以前は出品者からの取引キャンセルができなかったようですが、このような機能ができたので助かりました。その後すぐに別の方が買われたので良かったです。購入したにも関わらずなにも対応しなかった人はブロックすることにしました。

 

二度目は雑貨を出品した際に200円の値下げ交渉があり、値下げを了解しました。「分かりました、値下げします」とコメントした際に全く別の人から「その金額(値下げ後の金額)で即決させてください」とコメントが入り、こちらが値下げした直後に購入してしまいました。

 

最初に値下げ交渉した人からは私の出品している全く関係のない別の商品のコメント欄に「どうして私が交渉したのに他の人が購入しているんですか?ひどいです」とすぐにコメントが来ました。

 

私としても、それはそうだと思いましたが、その後その人から「購入した人にも、私が買う予定だったのに最低、こんなことひどとしないようにと一言言ってやりました」とまでコメントが来たのでこの人はかなりヒステリックな人だと感じました。

 

最初の交渉をして落札できなかった人がかなり怒っていたので、割り込みの購入者には私から「もしかしてひどいコメントが届いたかもしれません。もし可能であれば、元々値下げ交渉をしていた方がいるので申し訳ないのですが辞退いただくことは無理でしょうか」とコメントすると、

 

「わかりました。でも早い者勝ちですから、商品はすべて専用ではないとプロフィールに入れることをおすすめします。初めたばかりだと色んな人にあたりますからね。罵倒のコメントは来ましたが気にしないでください」と、この人もかなり変わっていると正直思いました。

 

結局「購入した方が辞退されましたので」と最初の方に伝えると「さっきはむきになってしまいました。仕方ないですよね、大丈夫です。買われた方にお譲りします」とコメントがきました。


結局どちらも購入しませんでしたが購入手続きのキャンセルはメルカリの事務局依頼しなければできないため事情を説明し問い合わせを送りましました。それから2週間以上事務局から返事がないため2回めのメールを送ったところ、突然なんの音沙汰もなく「取引がキャンセルされました」と通知が来てもとに戻りました。


それからしばらくして、全く関係ない方が落札してくださり無事取引が完了しました。
この経験をしてからは値下げ交渉が合った場合には「◯◯様、値下げの件了解しました。これから値下げしますが専用にはできませんのでよろしくお願いします」と一言必ず言うようにしています。


値下げ交渉したら自分に権利があると思う人もいれば、その時落札した自分のものと捉えている人もいるのでそのあたりは出品している人がコントロールしなければならない時があります。

 

5、セキュリティ面について

 

振込依頼をすればきちんと口座に予定通り入金されているので信頼があります。発送するときにはメルカリ便を必ず選ぶのでこちらの住所が相手にわかることはありません。

 

ただメルカリ対応をしている近所のファミリーマートで一度おかしいなと思ったことや宅急便の不安点があります。発送する荷物には匿名の控えだけが添付され、住所が書かれている方は必ずこちらに渡されます。

 

2枚一緒に渡されて自分で封書に入れる場合には念入りに確認をしないと住所の書かれた方をいれる危険があります。

 

また、普段はレジで一緒にでるレシートもこちらに渡してくれるのに、それを荷物にホチキスドメをしている店員がいました。レシートを商品に添付する必要はないのですが何故付けたのだろうと確認するとレシートには「ファミリーマート◯◯店」という印字があり、

 

これは住所は特定できないにしてもどのエリアに住んでいるのかは分かってしまうので剥がしました。

 

また、宅急便サイズで送るときには宅急便の追跡番号が渡されます。そうすると荷物がどこの拠点を通過しているか見えてしまうのでどのエリアからどこの支店に行くのか、相手の居住地は分かってしまうというデメリットを感じたことがあります。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。