ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

Amazon転売は出品者にとって安全か?!

【自己紹介がてら】


40代後半男性会社員です。私は現在ネット通販最大手のamazonに出品しています。初めはクレームや騙し商法などがあると聞いており、正直怖いと思っていました。

 

しかし始めてみるとそんなことは無く、注意していれば問題ありません。私と同じように不安などで踏み出せないと言う方のために、エラそうながらアドバイスしてみたいと思います。


【事の始めは】


私がネット通販に出品してみようと思ったのは約3年ほど前になります。当時は子供も学校に上がり、教育費やら生活費が嵩んでいたので自分のお小遣いは減らされる一方でした。

 

そんな時”なんとか自分の力で自分のお小遣いを稼げないか?”と考えたのが始まりです。ネットでいろんな副業を調べてみると、昔からある宛名書きなどの内職系、クラウドソーシングなどのネット上で仕事をもらって対価をもらう仕事などいろんな副業が出て来ました。

 

しかし、内職系は仕事が大変な割には支払われるお金はあまり高くなく、クラウドソーシングも初心者が出来る仕事は、対価が安く危ないクライアント(俗に言う自爆クライアント)など、ちょっと始めるにはハードルが高いと感じていました。

 

そんな中、数年前からネット副業と言うことで、せどりと言われる仕事があることを見つけます。しかも、仕事をしながら空いた時間で出来、売れる売れない、いくら儲かるなど事前に調べることができ、比較的リスクが少ないため初心者向きとメリットだらけでした。当然興味を示さないはずは無く、段々とのめり込んでいきました。


【せどりにもいろいろありますが】


せどりとは”中古品などをネットに出品し売れた場合、仕入れ値と売値の差額で儲ける副業”と書いてあります。

 

ネットオークションがこの形に近い物で、国内で一番大きなマーケットとしては”ヤフオク”があります。他にもネットオークションと呼ばれるサイトがいくつかありますが、規模や信頼度から言ってヤフオクが一番無難と考えます。

 

因みに私はヤフオクも一時期やっていましたが、主に自分の使っていた物で不要になったものを譲るといったスタンスで出品していました。約100件ほど取引をしましたが、写真を自分でUPしたり、文言を自分で入力したりと結構手間が掛かり、儲けに対して手間がかかることが多く面倒くさがりの私は段々と敬遠するようになりました。

 

しかも落札者の中には、書いてあることをよく読まなかったり、連絡が取れなかったり、いろんな注文を付けて来たり、値段を下げるように要求してきたりと、少なからずクレーマーではないか?と思える落札者がいました。

 

その度にイヤな思いをしない様にと、いろいろな対応をしてみたりしましたが、違うパターンが出てきたりとイタチごっこに近い物がありました。そんな感じでオークションをしていましたが、もっと楽なネット通販があることを発見します。

 

【オークションとは違うネット通販】

 

それはAmazonです。Amazonはせどりをする人にとっては王道と言われるほどポピュラーで参入しやすいと言われます。因みにヤフオクとの違いを挙げてみますが、まずは出品が簡単な事です。

 

出品したい商品をAmazonサイトで商品名検索し出品したい場合は、”出品しますか?”ボタンを押せば一発で出品手続きのページへ行くこと、値段や状態、コメントを入力して確定ボタンを押せばそれで出品完了。

 

出品するまでの時間はものの数分間とあっけにとられるほど簡単です。ヤフオクの場合は写真撮りから出品完了まで、どう頑張っても1商品15分から20分程度は掛かってしまい疲労感を感じることが多くありました。

 

この簡単さがネット通販の最大手になった理由ではないか?と考えます。

 

【出品するに際して】

 

やり方が前後しましたが、Amazonに出品するには”セラーセントラル”に出品者情報を登録する必要があります。住所や電話番号は当然で、屋号(出品する場合のお店の名前)の登録、銀行口座の登録(これをしないと売上が手元に入りません)、

 

場合によってはクレジットカード情報が必要になることもあります。このようにきちんとした身元を確認されるだけでなく、金銭取引に関しても信用があることをが必須になります。

 

最初は登録だけで結構時間が掛かりヤフオクとは別な意味で面倒だなと思いましたが、後々これがいいことに気づくことがあります(後で説明しますが)。

 

【初出品】

 

さて私はヤフオクで要らないものを売っていましたが、殆ど売れるものが無くなったため自分の持ち物以外で稼げないかと考えていました。そんなときAmazonで購入した中古品などをAmazonに出品して販売(転売)し、利ザヤを稼ぐという方法に進出します。

 

せどりはおもちゃや家電製品なども出品できますが、今では家電製品は制限が掛かっており初心者はほぼ参入が不可能です。おもちゃも儲かるものを探し回る手間が大変で時間が無い会社員には向きません。

 

ということで簡単に時間を掛けずにできたのが中古本のせどりです。よくブックオフなどで中古本が売られていますが、それを店で直に手に取りスマホ片手にいくらで売れるのか、人気があるのかなど調べることが出来るので非常に効率的です。

 

と言う訳で私はAmazonでは中古本を取り扱うことにしました。

 

【儲けるにはひと手間必要】

 

さてこうしてAmazonで本の出品を始めたわけですが、2~3か月ほど続けてからあることに気づきます。売れやすい本は人気が高く直ぐに売れるが儲けは少ない、逆に人気があまり無い本は売れにくい代わりに儲けが大きいということです。

 

何も考えずに売れやすい本を出品していましたが、確かに毎日の様に注文が入りいかにも儲かっていると錯覚していましたが、収支を計算してみると1か月の純利益は3000円ほどで、思ったほど儲かっていないことに気づきました。

 

次第にいかに儲かるようにするには?毎日売れるようにするには?と試行錯誤を重ねるようになります。今では月に2万円ほどの儲けがありますが、いろんなサイトを見ては勉強しないといけないので結構大変かも知れません。


【Amazonのデメリット】

 

ここまで出品は簡単だということを書いてきましたが、逆にデメリットと言うものも存在します。それはAmazonの値付けシステムにありますが、出品時に一度値段を付けたら値下げしなくて済むと言うことはありません。

 

早く売るには何十人もいる同じ商品を出品している競合他社より工夫をしなければいけませんが、一番手っ取り早い方法が値段を下げることですので、売れない状態が続くとあっという間に最安値が下がってしまいます。

 

気が付いた時には最初のページに載らずに、あまり目に触れにくくなるので売れ残って行くということになってしまいます。当然売れ残れば在庫となり何年後に売れるのか分からなくなってしまいます。

 

私も焦りのあまり誰よりも安くと値下げ競争に走ったことがありましたが、当然儲けも減って行きました。この辺りの駆け引きが非常に重要なポイントになりますが、結構ここで挫折する出品者も多くいます。

 

出品は簡単だが儲けるためにはいろいろ勉強し工夫しないといけないと言うことです。

 

【Amazonのメリット】

 

悪いことを書いてしまいましたが当然いいこともあります。ヤフオクではクレーマーの様な落札者が多い印象がありましたが、Amazonに出品してからはクレームに会ったのは一度だけです。

 

それも購入者が住所を間違ったので送り直してもらえないか?というものでした。その時はあて先不明で帰ってきたので即日正しい住所に送り直し問題ありませんでしたが、今まで数千件取引してその程度です。

 

Amazonは身元確認をしっかりしていること、支払いにクレジットカードが必要な事(コンビニ払いもありますが)などが客層の違いに繋がっているようです。なお売り上げは2週間後に自動で指定の口座に入金されるため、入金を確認するだけで済み非常に簡単です。

 

【最後に】

 

最近はAmazonでも、新品CDを送ったら返品され、戻ってきた商品を見たらCDが入っていなかったという詐欺事件がありましたが、CDやDVDではこのような問題は存在するようです。私はその話も知っているためCDやDVDは出品せずにあくまで本のみを取り扱っています。

 

本なら中身を入れ替えたり、抜き取ったりできませんから。そういった意味でも危ない商品には手を出さないことも自衛の意味では重要です。儲けだけを気にするのでは無く、イヤな思いをしないための試行錯誤も必要です。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。