ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

取引が早く、おもしろい「メルカリ」

わたしがメルカリを始めてから、半年ほどたちました。

 

メルカリをしていく中で、大変なこともあったり、うれしかったこともあったり、いろいろと経験をしてきました。

 

今回は、メルカリの出品と取引について、いろいろと紹介をさせていただきます。


●メルカリを始めたきっかけ

 

以前、私はパソコン上で、楽天オークションを利用していました。

 

スマートフォンが主流になってきたころから、パソコンでできる楽天オークションが閉鎖されてしまいました。

 

私は、いまだにガラケーを使用していますので、スマートフォンから行うオークションは利用できませんでした。

 

友人でメルカリに出品をしている子がいたのですが、わりと高い値段で買い取ってくれる、と言っていました。

 

私も、オークションを出品するのが楽しかったので、再開をしたかったのですが、スマートフォンがないので諦めていました。

 

そんな中、メルカリがパソコン上から出品できるようになった、と言う事を半年前に知りました。(実際は2016年の7月からできるようになっていました。)

 

それを知って、すぐにメルカリの登録をしました。これが、メルカリに乗り換えたきっかけです。


●メルカリに出品したもの

 

まず、楽天オークションで出品していたものを出品しました。

 

・子どもが小さいころ着ていたブランド物の洋服
・子どもが小さいころ遊んでいた、アンパンマンのおもちゃ
・子どもが集めていたプリキュアのグッズ
・集めていたハッピーセットのおまけ
・自分のあまり着ていない洋服
・もう着ないビキニ
・福袋に入っていた、自分の趣味に合わない洋服
・昔使っていたGショックの腕時計
・昔好きだったアイドルのコンサートグッズ
・引き出物のお返しにもらったカタログギフト

 

これらを一気に出品しました。


●メルカリで売れたもの


メルカリと楽天オークションを比較すると、以下のようなことがありました。

 

・メルカリの方が、入力する手間が少ない
・メルカリの方が、出品した後に、値段を変更することが簡単
・メルカリの方が、配送の種類がたくさんある
・メルカリの方が、配送料が自分の売上金から引かれるので、わざわざ支払う手間がない
・メルカリの方が、出品した商品に対して、反応が早い

 

スマートフォンで閲覧している方が多いので、反応がとても早くて驚きました。

 

最速だったのは、引き出物のお返しにもらったカタログギフトです。

 

こちらの商品を出品してから、15分ほどでメッセージが届きました。
メッセージ内容は“もう少し値下げしてもらえるか”でした。

 

メルカリでは、この”もう少し値下げして“というメッセージがよく届きます。
100円でも下げてあげれば、だいたいすんなりと購入しくれます。

 

この時も“100円値下げしますよ”とメッセージを返しました。
そうすると、すぐに “それでしたら購入します” とメッセージが返ってきました。

 

私は、この時、メルカリを始めたばかりでしたので、どうやって売ってあげればいいのかわかりませんでした。

 

メッセージをくれた相手に聞いてみると、“〇○さん専用”とタイトルに入れて、値段をなおしてください、との答えでした。

 

その通りに出品しなおすと、すぐに購入してくれました。

楽天オークションでは、考えられないほどのスピードで商品が売れましたので、とても驚きました。


●メルカリでの配送方法

 

私は、メルカリを配送する手段として、「らくらくメルカリ便」を設定しています。
こちらに設定すると、お互いに住所を知られることなく、安全に取引できます。

 

楽天オークションのときは「匿名配送」という配送で取引をしていました。

やはり、相手に自分の住所を知られるのは抵抗があるので、必ず匿名で送れる配送方法に決めています。この匿名の配送をすることで、安心して出品できます。

 

実際に、売れた商品をコンビニエンスストアから配送したときに、相手の郵便番号しか表示されていませんでした。

 

お互いの住所を教え合う必要性は全く感じないので、匿名の配送方法を選ぶことをおすすめします。


●メルカリでちょっと嫌だったこと

 

もう着ることのないビキニを出品しました。
このビキニは、ブランド品でしたので、値段もわりとした商品でした。

着用はほとんどしておらず、ずっとタンスに眠っていた商品でした。

きれいな状態だったとはいえ、“一度でも着用した水着なんて売れないだろう”と思って出品した商品でした。

 

とは言え、購入した時には結構したので、2600円の値段を付けて出品しました。
絶対売れるはずはないと思っていました。

 

ところが、数日後、この商品が売れていました。
まさか、売れると思ってもいなかったのですごく驚きました。

早速、お礼とすぐに配送することをメッセージに書きました。

 

そうしたところ、相手の方からこのようなメッセージが返ってきたのです。
“着用した写真がありましたら、同封してくれるとうれしいです”

 

私は、このメッセージを読んで、取引した相手が男性なのだと知りました。てっきり女性が、自分で着用するために購入したのだと思ったのです。


まさか、男性が取引相手になるとは、思いもよりませんでした。男性に、一度でも着用した水着を売るのはとても抵抗がありましたが、取引をキャンセルするとペナルティになるので、結局売ることにしました。

 

メッセージには、“これを着ていた時よりも20kg太って、とても着用できません”と、相手をがっかりさせるようなウソを書きました。

 

それ以降、メッセージは返ってきませんでしたので、ほっと胸をなでおろしました。

ですが、この取引は主人には内緒です。やはり、良い気持ちはしないものですからね。


●“いいね”がある程度たまったら値下げをする

 

洋服をたくさん出品しましたが、やはり新品の商品には“いいね”がたくさんつきました。

 

たくさん“いいね”がついたとしても売れるわけではない事を知りました。

 

メルカリを始めたばかりの時は、どんどん“いいね”がついたので、すぐに売れるのかと思ったのですが、そうではありませんでした。

 

たくさんの方が興味をもってくれているのは間違いがないので、どうすればいいのか考えました。そして、“いいね”が10個たまっている商品を200円値下げしてみることにしました。そうすると、その商品はすぐに売れました。

 

調べてみると、“いいね”をした商品が値下げすると、“いいね”をした人に“値下げされました”という通知が行くのだそうです。

 

”いいね”をした人は、値下げを待っている人が多いのだなと感じました。それからは、“いいね”が10個たまったら値下げする戦法を使っています。この戦法は、かなり勝率がいいのでおすすめです。


●売れない商品を売る

 

なかなか動かない商品の、子どもの洋服を売るために工夫をしました。

 

時間が空いているときに、出品した商品にきれいにアイロンがけをして、写真を取り直し、写真を取り換えました。

 

そうすることによって(値段も少し下げました)、3着売ることができました。古着であってもきれいな状態で出品することが大切なのだと学びました。


●まとめ

 

メルカリは、とても速いスピードで取引が行われていくので、おもしろいです。メッセージもすぐにきますので、取引がもたつくことがありません。

 

とは言え、私がパソコンなので、取引相手は私に対して“返事が遅いな”と思っていると思いますが。商品の配送を匿名にしておけば、とくにトラブルは起こらないと思います。


私は始めてから日が浅いですが、一度もトラブルになったことはありません。どの取引相手も、誠実で良い方でした。

 

楽天オークションと比べると、はるかに早く商品が動きますので、やっていて楽しいです。利益もわりと出ていますので、今後も続けたいと思っています。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 
あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 
もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れ」です。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。