ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

メルカリ初心者が家にあった不用品を出品して購入してもらうまで

 

ネットの物販を始めたきっかけはたまたま調べていた、節約術のホームページに、
「家の中のいらないものがお金になる」といった記事を見かけたからでした。

 

早速、家の中の不要なものを探して回り見つけたのが千葉県にある某遊園地で買ったグッズでした。その品は、その場のノリで買ったはいいものの、家に帰ってからは押し入れにしまい込んでいた状態でした。


使用したのも1度きりで、状態も良かったため、これなら売れるのではないかと思って出品してみることにしました。

 

・いざ、出品しようとしたものの

 

これまでフリマアプリの存在は知ってはいたものの、その当時はまったく興味がなかったこと、なんとなく購入者と出品者の間でメッセージのやり取りが必要だということは知っていて、それがめんどくさかった為実際に始めたのはその時が初めてでした。


その為、初めに何をしなければいけないのかすら、ちんぷんかんぷんでした。


そこで、再度ネットでフリマアプリの出品について調べたところ、やはり売れやすくするコツというものが存在するとのこと。早速実践してみることにしました。

 

・写真の載せ方と商品の説明


丁度そのころ、新しくカメラを買い換えたということもあって、商品の画像に使用する写真はそのカメラを使用しました。


商品ページのトップに持ってくる画像はきれいな、全体が移っているもの、二枚目以降には、細かな汚れ他部分を正直に乗せることにしました。


こうすることで、実際に商品が購入した方の手元に届いてから、汚れや破損でトラブルになるといったことを防ぐことができます。


また、きちんと正直に商品の状態を説明していることで、購入者のほうも安心感を得られるとのことでした。

 

また、購入されてから発送までの期間はなるべく早いほうが良いとの記事も見かけたため、遅くても2日以内に発送する旨も記載しました。


ですが、もちろん発送までの期間を早く設定していればそれで良いというわけではありません。無理して早めの設定をしていても、結局発送までの期日を守れなければそれもトラブルの原因となります。


そのため自身の予定によって、すぐに発送にいけない場合は無理せずに長めに期間を設定した方が良いと思います。

 

・出品が完了してからは


その商品が出品されると、多くの人が商品ページを閲覧します。


中にはコメント欄にて商品についての質問をしてくる方もいます。(といってもほとんどが値下げ希望のコメントでしたが…。)


私の場合は、値下げ後の希望額があまりにも低く感じたのと、他の同じものを出品している方の少し安い値段としていたので、お値下げはお断りさせていただいていました。

 

そんな中で商品が購入され、購入者が入金を済ませると購入者とのやり取りがスタートします。


と言っても、配送方法やおおよその発送日はすでに商品ページにて説明していましたので、実際には


・購入してくれたことに対するお礼 

・発送を行った後の連絡 

・やりとり配送完了後に最後にお礼


と拍子抜けするほどあっけなくやり取りは終わりました。

 

・商品を発送してみる


さて、入金を確認したらいよいよ商品の発送です。


しかし、商品を何にも入れずそのまま相手に送る訳にはいきません。そのため梱包といった作業が必要になります。


梱包を行う意味としては、


・商品の破損や汚れをを防ぐ 

・見栄えを良くする


この2点が主な理由です。


特に壊れ物を送る場合にはそれなりの梱包が必要になってきます。


壊れ物の梱包を行う上であると便利なのが、エアーキャップ(いわゆるプチプチ)です。これは100均やホームセンターに売っています。

 

私が当時発送した商品は壊れ物ではなく、そこまで厳重な梱包は必要なかったので、
表面の傷を防止する意味で周りを紙で包み、更にA4の封筒に入れて送ることにしました。梱包が終わるとやっと発送です。


配送業者は色々ありますが、値段が安い日本郵便の普通郵便を利用しました。


郵便局の窓口に行き、普通郵便で郵送したい旨を伝えれば発送は終了です。

 

こうして商品が相手の手元に届き、お互いが評価を終えるとやりとりは終了となります。幸いにも、初めてのフリマアプリでの販売で相手方からついた評価は「良い」でした。

 

・一通りのやり取りを終えて思ったこと


一連のやり取りを終えるまでかかった時間は大体1週間程度でした。


正直な感想としては、ほんとに簡単に物を売ることができたな。という印象です。
ただ、やはり不安を感じる面もありました。


個人情報についてです。相手に物を送る以上、どうしてもこちらの住所や名前が顔も知らない相手に伝わってしまいます。


また、こちらの住所や氏名が書かれた封筒もちゃんと処分してくれたのかもわかりません。こうした事がやはり、引っかかるというか、不安ではありました。


後で調べてみると、こうした個人情報を守るためにメルカリやフリルでは匿名配送といったサービスを提供しているようです。


この匿名配送を利用すれば相手に自分の住所や氏名を知られることなく発送を行うことができます。ただ、指定の配送業者を利用しなければいけないこと、普通郵便に比べたら配送料が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。

 

・その後は


初めての出品でうまく商品を売ることができたので、その後も家にある不用品を少しずつ出品しています。


何度か商品を出していると、中にはおかしな人もいるようで、こちらがメッセージを送っても全く返事をくれなかったり、発送までの期間内であるのに発送を急かされてしまったりしたこともありました。


こうした経験もあって、今では購入される前にコメントがついた時点で、コメントされた方の評価をチェックするようになりました。


返事がなかったりする購入者は高確率で、他の取引の際にも同じようにメッセージを無視したりしているので、「悪い」評価がついている事が多いという風に感じます。


あまりにも「悪い」評価が多い方がコメントを残してくださっても、あとあとトラブルになるのは嫌なので、購入をお断りすることもありました。


逆に、こちらの評価も購入者の判断基準になっていると認識できたので、今でも丁寧な梱包とこまめな連絡を心がけるようにしています。


この2点さえきちんと守っていれば、よっぽどの意地悪な方でない限り「良い」評価をつけてくれるように感じます。

 

こうして今でもネット物販を続けているのですが、なかなかいい小遣い稼ぎになっているように感じます。


所詮不用品なので、大した金額ではないのですが、一番初めに出品したグッズに関しては、季節のイベント関連商品だったので元を取れるくらいの値段で売ることができました。


その他には主に読まなくなった本や見なくなったDVD、中古のゲームを売ることが増えてきました。


これらの物を出品する際には大きな値段設定はできないので、その分送料がかからないように気をつけています。


そこで便利な配送サービスがクリックポストです。


このクリックポストは、配送するものにサイズと重量に制限はありますが、送料が全国一律164円と格安で、更に追跡サービスもついています。


その為購入者が追跡サービスを希望した場合は、たいていこのクリックポストを利用しています。

 

今までこのような感じで何点か出品してきましたが、今後も何かしらの物を出品していくと思います。


ただ、フリマアプリはニュースで盗品が出品されていたなど、マイナスなイメージがついてしまって来ているので、今度はAmazonマーケットプレイスでの出品にも挑戦してみたいと思っています。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 
あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 
もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れ」です。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。