ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

送料などが儲かるポイントとなる

1・送料込みでないとなかなか売れない


自宅にはたくさんのバッグや洋服などのファッションアイテムがあり、リサイクルショップへ持っていってもブランドものではないため、百円にもならず持っていくだけ損だなと感じるようになっていました。それならばメルカリなどで自分で値段をつけて売った方が儲かるのではないかと思い、メルカリに登録をして、不要なものを売りに出すことにしました。


始めは分からないことだらけで、どう出品したらよいのかも分からずに、見よう見真似で出品をしていました。出来るだけ儲けが欲しいため、送料別で出品していると、なかなか商品に対してのコメントもつかなくて売れる商品も全くなくて困っていました。どうしたら売れるのかと悩みながらも、いつかは売れるだろうとどこか軽い気持ちで考えており、私は出品をするよりも購入する側としてメリカリを楽しむようになっていたのです。


メリカリは登録時にポイントがつくので、そのポイントで購入できるものはないかと他の人が出品しているものを探していたのですが、そのときに私自身も送料込みで販売されている商品を探していることに気がついたのです。やはり購入する側は送料がわからないと買いたいとは思わないということに気がつかされたのです。


それから私は出品している商品のお値段の見直しを考えて、送料込みで出品するようになると、コメントがつくようになったのです。やはりメリカリでは送料込みでないとなかなか売ることが難しいのが現状だと思います。

 

2・送り方が分からない


メリカリで商品を出品するときは、送料込みが基本なので、商品の値段自体は下げることに対しても限界が生じてしまいます。洋服やバックなどは始めはどのように送ったらよいのか全くわかりませんでした。色々と調べてもどこどこの配達業者がいいなどといった、様々な情報に惑わされてしまい、結局どこから送ったらお得なのか分からずに、しばらくは出品も辞めていたのです。


出品を辞めているときも、私は他の方がどのようにして送っているのかを知るために、出品されているものを偵察するように見て回りました。特に洋服などのファッションアイテムを中心に見ていると、だいたいどこの運送会社などを利用するのかわかってきましたが、実際はどのように送られるのか分からず、出品を再開することが出来なかったのです。

 

そこで、私は偵察のために見ていたファッションアイテムで気に入ったものを購入してみることにしました。実際、何着か気に入ったものがあり、ポイントで購入することができたのですが、届いたファッションアイテムは段ボールなどに包まれているようなものではなく、封筒やショッピングバッグなどに入れられて、ガムテープで固定をして送られているようなものでしたので、こんな感じでいいのかと気持ちが楽になりました。

 

ほとんどの方が商品を入れた袋と紙袋の二重構造にしてあり、これも私にはとても参考になりました。壊れるようなもの以外はこのようにして送ればよいのかと理解することができたのです。どれだけ調べても、送料込みで送っている人がどのような手段で送っているのかを知ることができなかったのですが、自分が実際に購入してみることで、みなさんがどのように送っているかの参考になり、ようやく出品を再開することができたのです。みなさんがしていることが、送料込みでも儲けを出すことが出来る秘訣だと思ったのです。

 

3・消費者目線で考える


メリカリに出品をして購入をされた場合は自分で梱包などをして送らなくてはならないのですが、とにかく揃えなくてはならないものが多くて大変でした。まずはガムテープといった基礎的なものも自宅にはありませんでしたので、購入が決まってから慌ててガムテープと商品を入れるための透明の袋、更には大きめの封筒や袋も購入しました。

 

私はショッピングバッグなどはもらったら捨ててしまうタイプだったので、このときなぜこれまで大切に保管してこなかったのかを大変悔やまれました。みなさんはほとんどショッピングバッグなどに入れており、お金がかかっていないように見えたからです。

 

洋服などが入るような封筒や袋というのは1枚50円ほどするものが多くて、この出費に加えて透明の袋やガムテープ代金というのは予想外の出費でしたが、すでに購入者が決まっており、購入されたワンピースを早急に送らなくてはならなかったので、もったいないとは言ってはいられませんでした。


この出費から、もしも他に何も売れなかったらどうしようという思いもありました。メリカリに出品をするのは送料だけではなく、贈るために必要な袋などの細かなものも購入しなくてはならないということが、商品が売れて初めて分かったのです。そのため、初めて売れたワンピースは正直いうと赤字でした。

 

しかし、その後はショッピングに行ったらショッピングバッグを保管しておくようにもなりましたし、購入した商品が届いたら袋などは捨てずに再利用をするようにしていました。


すると、商品が売れる度に売り上げが出てきて、最近ではようやく儲けているなという実感が湧くまでに至っています。メリカリで出品をするのであれば、まずは自分が消費者の立場としてどのような方法で売りに出されているのかを把握することが一番です。

 

消費者の立場にならなければ、送料込みの商品が良いなんていうことに気がつかなかったと思いますし、仮に送料別で購入されたとしても、送り方が分からずに段ボールに無造作に詰めて送ってしまい、良い評価などをもらえなかったかもしれません。おかげで今では購入していただいた方には良い評価というのをいただいています。

 

自分なりに購入していただいた方にはお礼のお手紙なども付属して送らせてもらうようにしていると、高い評価をいただけています。


メルカリでは評価というのも購入する際の大きなポイントであることを消費者の目線で知ることが出来ました。顔を見ることが出来ない出品者のことを知るためには、これまでやり取りをされてきた方の評価を見るしかなく、評価が悪いと買い控えてしまいます。評価を高めることで売り上げを伸ばすことが出来、始めに購入していたガムテープや袋などの出費を取り戻すことが出来ています。


メルカリに出品をするのは、やはり儲かりたいという思いがありますが、儲け主義に走ってしまうと商品と価格のバランスが悪くなってしまい、評価は悪くなってしまいます。


また、消費者の目線になったとき、メルカリで上手に商品を売るポイントというものも学びました。インターネットで購入する際は商品の写真というのは大きなポイントとなっていることも知りました。写真が5枚ほどある商品というのは無駄に質問を投げ掛けなくても購入しやすいため、購入しやすい傾向にあることから、私は出品をするものは必ず5枚以上は写真を掲載するようにしました。


更に、必ず値下げを要求されてしまう傾向にありますので、始めはやや高めの値段設定をしておくことも大切だと気がつきました。送料やその他雑費などを合わせて出来るだけ儲けを出さなくてはならないのですが、値下げを要求されてしまうとほとんど儲けにならないことも多いため、始めは希望金額よりもやや高めにしておき、そのまま購入されたらラッキーとし、値下げを要求されてしまっても、本来の希望金額程度に抑えることも出来ます。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 
あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 
もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れ」です。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。