ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

ネットオークションをしたい方に役立つ情報

オークションに出品する時に準備するもの


最初にオークションに出品するサイトを選ぶことです。私の経験上では、人気のあるサイトに出品をされた方が、見てもらえる確率も高くなります。オークションのサイトの選び方で欲しいと思われる方が出てくるかが決まってくると言っても過言ではないです。

 

また、その商品をいくらからスタートをするか決めておくことです。初めから高額な金額に設定をしておくと、買い手もつかないことが多いので、なるべく低い金額からスタートをすることが大切です。また、出品期間をどのくらいにしておくのかが肝心です。

 

あまりにも短い期間に設定をしてしまうと、入札されることなく終了をしてしまうことになりかねないです。不要になったものをオークションに出品する際には、まず、売るものを選択することです。箱や説明書などがあれば、なお入札をしてもらいやすいので、残してある方は、一緒に出品することが大事です。

 

当然壊れているものや破れているもの、割れているもの、汚れているものは出品しても入札してもらえないことがほとんどです。出品する際には自分が入札する側になったという気持ちで、準備することが大切です。入札側が、欲しいと思うものを選んで出品をすると、短い期間内で入札されることが多くなります。

 

オークションで売る写真を撮る


オークションに出品をする時に必要になるのが写真です。誰でも文章だけv読んで購入するという方は少ないかと思います。写真を撮る時には、背景の色を青にしたりして売りたい商品がはっきりとわかるようにすることが大事です。

 

私が経験した時には、100均で色の付いた大きな紙を買ってきて、その一枚の紙で商品を乗せる台と背景にしたことがあります。撮影をする時には、商品を重ねておくのではなく、入札される方がどんな商品なのか見やすいように、ずらしておくなどするといいです。

 

正面だけではわかりにくいので、斜めから撮ったりして、商品を手に触れなくてもわかるようにするのが、オークションに出品する時のコツです。撮影を正面斜め後ろなどあらゆる面から撮ることが出来れば、入札側は、その商品を頭の中で想像出来るようになります。必ず売りたいものすべてを一枚の中に収めることが大切です。


オークションに出品した方が効率がいい曜日


ネットを活用する方は、人によってさまざまだと思いますが、多くの方は、土日に仕事が休みが多くなってます。土日休みを狙って、金曜の夜に出品をすると、オークションのサイトは、新しい順に表示されるようになってるので、多くの方に見てもらえるようになります。

 

私は、母に買ってあげたダンスシューズのサイズが合わなかったので、オークションでこの日を狙って出品をした所、すぐに入札者2人くらい現れたのです。高く買ってくれる方へ落札をされたので、間違って購入をしてしまっても、こういった方法で売ることが出来たのです。

 

そのダンスシューズは、値札も貼った状態でしたので、落札者には、新品同様の商品とわかってくださったことが落札者が出た要因だと思います。その他にもクリスマスの日に、姉の子供に買ってあげた商品がダブってしまったことから、金曜の夜に出品をして入札者がいましたので良かったと思います。

 

オークションには、多くの出品者が商品を掲載しているので、同じ商品がある中で出品をするとなると、値段を安く商品がわかりやすいこと、出品する曜日を特定の日にするなど対策をすることが重要となります。出品をする時にはお金はかかりませんので、何度も、出品をする方も多くいらっしゃいますが、同じ値段で、インパクトのない写真を載せていると、選ぶ方も戸惑ってしまうことになります。


落札されたかたへのお礼の言葉を


オークションで多くの中から選んでくださって、落札が出来た方に対して、きちんとお礼の言葉を送ってあげることがマナーとなってます。そんなに長い文章にすることはなく、落札された方への気持ちを伝える目的なので、あまり深く考え込まないで文章を作成することが大切です。

 

文章の中には、お礼の言葉と、商品の代金を振り込んだと、サイト側が確認出来てから商品の発送をする方法が主流になってます。この方法ですと、お金を振り込んだのに商品が届かないといったトラブルを未然に防ぐことが出来ます。中にオークションサイトが入っていますので、取引の面では心配はないということになります。


商品の梱包に関して


落札をされた方に商品を送るのですが、梱包は自分自身で行わなければならないのですが、落札者の希望によって、発送料金が安い所でお願いしますなどと指定されることがあるので、なるべく希望に応じて、商品の発送を行うことが大事です。お金を出して買ってくださったので、発送する側もきちんとして商品を送ることが大切です。

 

シューズに関しては、箱に入れて包装紙で包んで、発送をすることになります。中がスカスカの状態でしたら、何かしら梱包材を入れて梱包をすることで傷が付いたりすることがなくなります。オークションに出品されてるものがいくつもある時には、送る商品を間違えないようにすることが大切です。

 

落札をした商品と違ってしまうとトラブルのもととなりますので、梱包する時に今一度確認をすることです。また、配送料を出品者が持つのか落札者が持つのかを出品された詳細の中に、入力しておく必要があります。伝票を記入する時に、落札者の住所など記入することになりますが、

 

住所などの個人情報は、商品が到着するまでの間保管をしておき、落札者の手に渡ったら、個人情報を破棄するようにすることが大切です。

 

オークションは入札して落札され発送というだけではない


私物に対してお金を出して買ってもらえるのですから、オークションは列記とした事業と思わなければいけないです。ですので、出品をする時にも綺麗な状態で出品をすることを心掛けることです。

 

落札者のことを考えれば、届いた商品を見て、こんなはずじゃなかった騙されたと思われては、オークションに出品する側としてはがっかりしてしまいます。大人としての礼儀がわかっている方であれば、こういった時にはどうするべきなのかわかるはずです。事業の一環として考えて作業をすると、入札者も出品者も気持ちよく取引が出来るようになります。

 

落札された方がいくつかの業者から選択出来たりすると、親切さが伝わりますので、予め出品される方は、配送業者でどのくらいの料金がかかるのか調べておくといいです。今現在、配送業者も値上がりをしていますので、こういった細かい所を記載しておくと、落札された方も調べる手間もなくなります。

 

ただし、商品の金額の中に配送料が含まれている時には、出品者が支払うことになります。届いた商品を見て、落札者の感想を聴くことは、出品される側としては重要なこととなります。同じ商品を多数出品されていることもあるので、いかに出品したものに関して注目していただけるかが大切です。

 

初めての方は、今回出品したことに対しての反省点を踏まえて、次回出品する時に役立てることが出来れば、いい出品が出来るようになります。ですので、オークションに出品する回数を重ねることで、オークションを行うコツがわかってくるはずです。購入して使っていないものを出品される時には、最低の金額も数千円からのスタートでも入札者が現れる確率も高くなります。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 
あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 
もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れ」です。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。