ヤフオク、メルカリ、Amazonなど、仕入れ転売の体験談をひたすら集めてみました。

サラリーマンや主婦が 今流行の「仕入れ転売」で利益を出した実例を掲載しています。

オークション素人であるが故にトラブルも!倒産品問屋を使え!

オークションの動機とは

 

基本的に出品する動機は様々だと思いますが、私の場合本であればブックオフなどそうした専門店に商品を持っていき、捨てるよりはお金になるという考えで持ち込む訳ですが、やはり店舗を構えている以上買い取った値段以上に儲けなければならないのも理解するものの、とんでもなく安かったり買い取ってくれないなど折角持っていてもがっかりする結論になった。

 

こうした経験は私だけではないのではないでしょうか?人によっては車で持っていってガソリン代の方がかかっちゃった。そういう結論になるくらいなら、個人的に売買をしたほうが出かける手間もなくオークションですから、自分の想定した金額よりより多くのお金が得られるなど動機としては、大きなメリットだと私は思います。そして買い手についても同様の事が言えると思います。

 

中々店頭ではない商品。あるいは店頭では高い商品など安値で買えるというメリットはヤフーオークションなど、個人で売買出来る最大のメリットだと思います。取り分け出品時のはさほど経費もかからず、出品の手間もスマホやPCで簡単に出来る点はこうした業界の発展した理由の一つだと言えます。

 

お金は天下の回り物と言いますが、ここでは商品が回ってますね。自分は買った商品が運よく売った時の方が、高く売却出来た事もあります。使用した上にお金で得までするというのは僅かな儲けでも、なんだかえらく得した気分になります。

 

素人であるが故に

 

このオークションなど個人取引の最大のメリットは難しい手続きや、一部を除きますが免許や専門的知識があまりない人でも出品が可能である事もメリットでしょう。反面、知識が欠乏する事で色々後にトラブルを抱えてしまったり配送時の以外なトラブルに遭遇する事もあります。

 

私が遭遇した事例をあげますと、例えば前文にもあげましたゲームなどにはおまけやチラシが入っており、それらが無い場合にトラブルになる事は少なからずあります。無論、写真に写っている以外のものは対象外なんですが、それを注意書きとして書かないとトラブルになる訳です。

 

ところが、もともと中古品で購入しそれを売却する際には、買った時点でそれらが入ってない訳ですから自分の過失による紛失でない事を認識していない以上、それがそもそも入っていたという事自体に気がつかない場合がほとんどです。無論、質問などの手続きがヤフーオークションにはありますが、落札して配送し商品到着してからそれに気がつく落札者も居るわけです。

 

無論こちらは商品の内容は写真に写っているという事を相手に説得しますが、それを理解してくれる人ばかりでもありません。こうした場合、こちらが妥協し若干の返金に応じるなどの対応を取る事もありましたが、店頭などであらかじめ商品を手に取り商品がどういうものかを認識する訳でもなく、頼るのは写真と商品説明でありますから今回のような事例でも落札者がそれを納得出来ていればいいんですが、

 

当人にとっては折角お金を出した商品に不快感を感じてしまうという気持ちも解らなくもないです。折角商品到着を待ち焦がれたにも関わらずですから、それは気持ち的にはがっかりする事です。自分はこうした事を避ける為、出来る限りの情報は提供する事は心がけてます。

 

配送によるトラブル

 

次に配送時についてです。商品にもよるとは思いますが、落下しても大丈夫なもの。あるいは多少濡れても問題のない商品ならいいのですが、そうでないものが私の場合多いように思えます。しかも落札者の多くが出来るだけ配送料金を節約したいという心境がありますし、落札する側の私もそうした考えをもってます。

 

多少のリスクは目をつぶり配送量を安くしたい。こうした心境の人は少なからず居るとは思います。取り分け日本は、海外と違って配送についてはほぼ確実に届けられるような国柄だと思います。そういう意味では、日本の民族性に助けられている面もありますが同時に無事商品が届くという事が、

 

当たり前なんだという思考がある事も事実ではないかと思います。昨今問題となった無料配送も、そうした一面から配送量を出来る限り押さえたいという心境でしょう。恐らく店頭販売と違って経費が掛かるのが、落札者側ではこの点ではないかなと思います。

 

そこで私が思い出しますのは丁度台風上陸時に、定形外郵便で送った商品が郵便局員が気をつけなかったのでしょうが受け口の蓋が開いた常態であったがために、雨水によって商品がずぶれになったというトラブルがありました。

 

定形外郵便とはご存知と通り、ユーパックやヤマトや佐川など大手の配送業者と違って弁済義務がないというのがある訳です。配送時の事故も含めてこの定形外郵便というのは補償がないんですね。確かにユーパックより値段が安い反面、補償がないという結論はこうしたトラブルが起きた際最大の欠点を晒します。

 

こうしたトラブルを誰が補償しなければならないのか。解ってはいましたが、いざトラブルになるとこの解決には色々面倒になります。普段ではあまり指摘しない包み方が悪いから水が浸入してきたなど、その時は落札者がなんとかこちらの返金するように仕向けてきます。しかしです。

 

そもそも梱包とはこちらまかせであり、更に言えばオークションという特性は店舗出品あるいは、業者が専門的な商品など特殊な事例を除いては素人のする事です。まして梱包代も取ってないのになぜ、トラブルについての商品補償までこちらが考えなければならないのか?とこちらも対立する訳です。

 

仲介する人もいない訳でしばらく言い争いとなります。結構この天候というのは厄介なもので日本列島縦に長いですからね。関東で雨じゃなくても北海道では違うかもしれません。かといって厳重に梱包をすると今度は重量で配送料が高くなる。そういう訳である意味、配送後は郵便局員の信用や奮闘に期待する他無い訳ですね。

 

今回の場合、商品はとりあえず使えるとの事で配送料金返金という事を提案したところ、相手も承諾し解決しました。トラブルが起きた際、自分は誠意をもって対応しているつもりではありますが、やはり個人の取引とは限界があるのも事実でしょう。ややもすると評価で報復されたり、それは後々の落札にも影響がある結果になりますから。まあそれを気にしない出品者も中にはいるようですけど、それはある意味地雷覚悟で取引する人なんだと思います。

 

オークション維持とは個人の良心に頼っている

 

オークションのリスクは前文にも述べたように、手に取って見れないというのが最大の欠点だと思います。商品の常態とは何か、学術的な数値がある訳でもないですからあくまで見た人の主観であり、その人は専門的見識が無いのが大半ではないでしょうか?いざ返品となってもその配送料金を誰が補償するのか

 

、そうしたトラブルの時に心無い人は連絡を打ち切ったりもします。ある意味こうした個人感の信用とは、最終的には互いの信用に基づくものだと思います。お店であればそれは経営として信用を重視する訳ですが、個人になるとそうではない訳ですね。

 

お互いがオークションの取引についてしっかり理解とルールを守るという認識が結果、個人取引の幅を広げたり逆にそれが狭くなる事もルールを無視すればあり得るのではないでしょうか?個人間の信用こそが、違う意味でこうした取引のカテゴリーを存続させる事につながると最後まとめさせて頂きます。ありがとう御座いました。

 

さていざ 「仕入れ転売」をしようとしても、なかなか仕入れに値する安い商品は見つからないことは多いものですよね。

 

あなたは、今後もずっと、ネット上の卸問屋、ヤフオク、メルカリ、Amazo、楽天で 安い商品がないか 探し続けますか?

 

その探している時間は無駄になっていることに気づいていますか?

その探している時間も労働時間ですよ。

 

では、ここで質問です。

 

もし、あなたが たった1つの仕入れルートを抑え、いつでも破格商品を仕入れられる環境をもち、仕入れた後は、半端なく高い利益率を叩き出せるとしたら、それに興味はございますか?

 

 

サラリーマンであろうが、主婦であろうが、学生であろうが、大企業であろうが関係ありません。誰にでも平等に、同じ条件で 仕入れられるルートがあります。

 

それが企業の「倒産品/在庫処分品買取&仕入れです。興味ある方はぜひ登録してみてください。

 

 

倒産品買取&仕入れの登録はココ!!

 

 

このサービスは、大阪や東京の倒産品卸問屋、倒産品アウトレット、倒産品セール、倒産品せどり、倒産品処分市など、倒産品の仕入れ方に興味がある方にオススメです。

 

*倒産品在庫処分品メール(メール配信サービス)は、京都市本社のウェブアバウト株式会社の運営です。